アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「くのいち」とは、主に女忍者に対して使われる言葉です。元々は女性に対する隠語として使われた単語でしたが、小説や映画などの創作物に登場して以来女忍者というイメージが定着したという諸説があります。

     本記事では、イラストコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画」に投稿された「くのいち」の画像をお届けします。

    画像一覧はコチラから



    イラストタイトルくのいち
    (画像はまめでんきゅうさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトルくのいちっぽい何か』
    (画像はジンブレさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル『忍法カマイタチ!!』
    (画像はここりん。さん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトルくのいち!』
    (画像はXialyさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル『無一文なドラゴン系?忍者』
    (画像はかわち雪さん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル洩矢御沙薙
    (画像はsowamameさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル『最強のhokoいぶき
    (画像は博士辰郎(ハカセタツロウ)さん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトルディスガイアくのいち
    (画像はK-taさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル『アヤメさん』
    (画像は湊あすさん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトル『東谷小雪』
    (画像はちるろり。さん投稿のニコニコ静画より)
    イラストタイトルビックリマン風〜ニンジャウォーリアーズのクノイチ(プレイヤー側)』
    (画像はMIP303さん投稿のニコニコ静画より)

    画像一覧

    ▼「くのいち」の画像を見たい方はコチラ▼

    イラストコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画

    ―あわせて読みたい―

    『ドラゴンクエスト3』女僧侶のイラスト詰め合わせ 青い帽子に黄色の十字架が特徴的!

    クールな戦乙女! アニメ・ゲーム作品に登場する『アマゾネス』キャラクターイラスト集

    夏の清楚ファッション! 「ノースリーブ」を着た女子キャラクターイラスト集



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【クール&ビューティーな女忍者「くのいち」イラスト詰め合わせ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     人気ライトノベル涼宮ハルヒシリーズ(著:谷川流イラストいとうのいぢ角川スニーカー文庫)の9年半ぶりの完全新作『涼宮ハルヒの直観』(11月25日発売)のカバーデザインが初公開された。

    【画像】リバーシブルカバーはこちら!ハルヒの美脚が…

     表紙イラストには、いとうのいぢによる「涼宮ハルヒ」と、本作中のキーキャラクターとなる「鶴屋さん」が描き下ろされている。また、初回生産限定版では、かつてのスニーカー文庫の仕様を再現したリバーシブルカバーが実現した。

     「涼宮ハルヒシリーズは、宇宙人未来人超能力者の到来を望む女子高生涼宮ハルヒを中心とするSOS団が、様々なエピソードを繰り広げるSF学園ストーリーテレビアニメ化・劇場アニメ化をはじめとする数多くのメディアミックス展開され、2000年代を代表するライトノベル作品となり、累計2000万部を突破している。

     発売される『涼宮ハルヒの直観』は、不思議も異変もない日常を、ハルヒSOS団の「直観」が読み解く姿が描かれ、250ページを超える完全書き下ろしエピソード鶴屋さんの挑戦」に、画集・雑誌に収録された2編の短編も収録される。

    小説『涼宮ハルヒの直観』のカバーデザイン


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「涼宮ハルヒ」9年半ぶり新刊、カバーデザイン初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    鳴り物入りで発売が告知されたプレイステーション5PS5)。当然のように高額転売が始められているため十分な注意が必要です。詳細は以下から。

    昨日11月12日発売が正式告知された「プレイステーション5(PS5)」。スペックソフトはもとより、通常版は4万9980円(税別)、ディスクドライブなしのデジタルエディションは3万9980円(税別)と予想よりもお手頃価格だったことにも驚きが集まりました。

    ですが、そこで黙っていないのがマスクや消毒液からイソジンまで、何でも買い漁る転売ヤーに悪徳業者たち。18日の10時から一部の通販サイトなどで予約がスタートしましたが、「争奪戦」と呼ぶ間もなく当然のように瞬殺。

    ですが、Amazonではマーケットプレイスという出品システムを使い、現時点でも予約注文が可能となっています。ですが、その価格は現在確認できる限りで定価の10倍近い29万円から最大でなんと50万円。



    中にはキャンセル不可とされ、誤クリックしたらシステム上はキャンセルできなくなるという悪質な仕様もあるため注意が必要。ただしカスタマーサービスチャットで連絡すると無事にキャンセルできるとの報告もあるため、慌ててクリックしても落ち着いて対応すれば大丈夫です。

    近年は人気商品が発売される度に全国の消費者に迷惑を掛けまくる転売ヤーの存在が取りざたされるようになりました。メーカーにとっても消費者にとっても害でしかないこの存在、なくすためにはまず「絶対に転売ヤーから買わない」ことを誰もが徹底する必要がありそうです。

    【【要注意】PS5が最大50万円・キャンセル不可でAmazonマケプレで出品、さっそく転売ヤーや悪徳業者の餌食に】を全て見る

    【要注意】PS5が最大50万円・キャンセル不可でAmazonマケプレで出品、さっそく転売ヤーや悪徳業者の餌食に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【要注意】PS5が最大50万円・キャンセル不可でAmazonマケプレで出品、さっそく転売ヤーや悪徳業者の餌食に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     スクウェア・エニックスは17日、人気ゲームシリーズファイナルファンタジー』の第16作『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』を、11月12日発売のプレイステーション5PS5)から発売すると発表した。さらに、トレーラー映像も解禁になった。ゲームの発売日は未定。

    【動画】解禁された『FF』新作トレーラー映像

     同シリーズは、第1作が1987年に発売され、時代ごとの最先端の映像技術を用いて制作され、その世界観とストーリー性で日本だけでなく世界にファンを持つコンテンツとして人気を集めてきた。

     これまで、全世界累計出荷・ダウンロード販売本数は1億5400万以上(20年3月末時点)を記録。同シリーズナンバリングタイトルとしては、16年に発売された『FINAL FANTASY XV』以来、4年ぶりとなる。

     吉田直樹プロデューサーは「本作はさらなるクオリティアップと共に、最高のゲーム体験とストーリーをお届けすべく、開発一丸となって完成へと突き進んでまいります。次なる大きな情報公開は2021年を予定していますので、今しばらく、アレコレご想像しつつお待ちください!」とアピール

     高井浩ディレクターは「現在スタッフ一同精魂込めて日々開発を進めています。皆さんの手に取っていただくには今しばらく時間をいただくと思いますが期待してお待ちいただければと思います!」とコメントしている。

    『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』の発売決定


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【4年ぶり新作『FF16』、PS5から発売決定 トレーラー映像も解禁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     任天堂2020年9月17日より、Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」ライブ配信する。ソフトメーカーの最新ラインナップがYouTubeニコニコ生放送(Re)にて公表される予定。同記事ではその最新情報をリアルタイムでお伝えしていく。

    【UPDATE 2020/9/17 23:45】 リアルタイム更新を終了しました。




    シリーズ最新作『モンスターハンターライズ』正式発表。Nintendo Switchで3月26日に発売へ


    カプコンが『モンスターハンター』の派生シリーズから新作RPG『モンスターハンター ストーリーズ2』を発表。2021年夏発売予定


    『Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-』12月3日に発売決定。新たに鬼頭明里、釘宮理恵、石田彰が声優として参加


    『魔界戦記ディスガイア6』が2021年1月28日にスイッチで発売決定。『魔界戦記ディスガイア5』のいっせいトライアルも9月21日より開始









    Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9

    文/ishigenn

    編集
    ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲレトロも楽しくたしなむ雑食派。
    Twitter@ishigenn


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【任天堂「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」最新情報まとめ。ふたつの『モンスターハンター』最新作が正式発表、『ディスガイア』新作も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     カプコンが17日、『モンスターハンター』のシリーズ最新作『モンスターハンターライズ』と、モンスターと絆を結ぶ「モンスターライダー」となり冒険するRPGモンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』を、Nintendo Switch向けに発売することを発表した。『モンスターハンターライズ』は2021年3月26日モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』は2021年夏に発売される予定。

    【プレイ画像30枚】これが『モンハン』新作!狼?に乗って狩り!!

     『モンスターハンターライズ』(価格パッケージ版が7990円(税別)、ダウンロード版が7264円(税別))は、狩猟に新風を巻き起こし、縦横無尽に躍動するハンティングアクション。思いのままに翔けあがれる新たなハンティングフィールドで、全く新しいモンスターたち、災禍「百竜夜行」に挑む「カムラの里」を舞台に、かつてない狩猟体験をすることができる。

     新システムは、指示した方向へと飛び、 特殊な”鉄蟲糸(てっちゅうし)”でハンターを引き寄せてくれる翔蟲(かけりむし)。 険しい崖や岩場など道なき場所への高速移動はもちろん、 武器種ごとの特色豊かな攻撃と組み合わせることで、 新たなハンティングができる。先行して、モンスターのマガイマガド、アケノシルム 、オサイズチ、ヨツミワドウのビジュアルが公開された。

     また、冒険の”オトモ”(サポートキャラ)では、 新たに「オトモガルク」が登場。オトモガルクは、ハンターと連携した積極的な攻撃をはじめ、 その背中にハンターを乗せて移動するなど、攻撃的なサポートをする。 ガルクに乗っている間は自由に操作でき、 ハンターのスタミナを消費せずに、 どこまでも素早くフィールドを移動できる。 移動中は一部のアイテムの使用や回復などの行動も可能だ。

     シリーズおなじみのオトモアイルーも登場し引き続き、 多種多様なサポートハンターの狩猟を支えてくれる。 オトモガルクとオトモアイルーは、 シングルプレイでは合わせて2匹を狩りに連れて行くことができ、 その組み合わせは自由。 他のプレイヤーとの通信プレイでも1匹を同行可能。

     『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』は、「モンスターハンターシリーズのおなじみのモンスターが多数登場し、ともに冒険して、モンスターライダーの絆が織り成す物語。『モンスターハンターライズ』との連動要素も用意する。

    Nintendo Switchで来年3月26日に発売される『モンスターハンターライズ』


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カプコン、Switch向け『モンハン』新作2本発表 『モンスターハンターライズ』来年3・26発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     家庭用ゲーム機黎明期に誕生し、今も楽しめる名作から、“クソゲー”と呼ばれる不人気作まで、さまざまなソフトを生み出した『ファミリーコンピュータ』。そのソフト1000タイトル以上と言われ、誰もが知っている名作から、まったく日の目を見なかったものまで、実にさまざま。そこで、ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げたファミコン芸人・フジタ協力のもと、この“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第11回のテーマは「トラウマ必至! “死”を覚悟した敵の“必殺技”」。※以降の内容は、ゲーム攻略法などネタバレ要素を含みます。閲覧にご注意ください。

    【写真】弾けんばかりの爆弾ボディ「ドラクエ」女賢者、女僧侶も…美女レイヤーコレクション

    半ばハメ技?「FF2ラスボス手前の憎いアイツの“必殺技”を選出

     ロールプレイングゲームRPG)では、主人公レベル相応の敵が出てくるのが一般的。だが物語の終盤になってくると、それらを超越した文字通り“死を覚悟”する技をもった敵が出てくることも多々あった。フジタは、そうした理不尽な敵から感じることがあったという。

    「僕は一部ソフトを除いてやりませんでしたけど、一発即死のような理不尽なやられ方をしたときは、リセットする人が多かったですね。リセットして、セーブポイントに戻り、もとの万全の状態で再スタートする。メーカー側もそういうことを見越しながら、最終盤のアクセントとして、開発していたのではないかと思います。

     でももしかするとこうした理不尽なことは、社会の仕組みを教えてくれる階段、みたいな意味合いがあったのかもしれませんね。ファミコンではリセットして、それが起きる前の状態で再スタートできるけど、現実社会ではもとの状態に戻ることはできない。『乗り越えて、強くなれよ』という開発者たちのメッセージだったのかもしれません」

     そんなフジタが選んだ「やられた瞬間“死”を覚悟した敵の“必殺技”」は以下の通り。

    ファイナルファンタジーII1988年スクウェア
    アールブラスター

     この技は、100%ではないんですが味方がまひして動けなくなってしまうもの。まひをくらってしまうと、戦闘復帰まで相当なターンが必要なので、回復もままならないまま、死んでしまう。しかもこのクアールは、2回攻撃してくるうえに、どんなにHPが高くても一撃即死させられるケースもあって。

     物語の最終盤で出てくるんですけど、本当に嫌でしたね。「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」で多くの冒険者を苦しめた「ロンダルキア」に近い感じです。エンカウントして、戦闘の画面になった瞬間、クアール×4体+他の敵2体が組んでできたら、もう地獄。めちゃめちゃ緊張感のあるバトルでした。相手の先制攻撃でまひにならないことが撃退の大前提でしたね。

     今なら、インターネットなどで対策を調べることもできますが、当時小学生の自分たちが調べられるとしたら、攻略本ゲーム雑誌と、口コミのみ。具体的な対策もできないまま、ただただ苦戦していた苦い記憶がよみがえります。

    子どもにはクリアできない激ムズ作&国民的RPGからも選出

    ウィザードリィ1987年アスキー
    ボーパルバニー「くびはね」
    バンパイアロードエナジーレイン

     「ウィザードリィ」は、以前3Dダンジョンマップの難しさや、「ロスト」についても以前語りましたが、敵の“必殺技”という意味でも、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」よりも難しく、子どもには本当にハードRPGでした。

     「くびはね」は簡単に言えば、クリティカルヒット。とはいっても、ダメージが多くなるのではなく、HPがどんなに高くても、「くびをはねられた」という表記が出て一撃で即死します。「くびはね」を使う敵で印象的なのは、ボーパルバニー。弱いし、見た目も普通のうさぎなんですけど、団体で現れて、先制攻撃で「くびはね」をやってくる。なかなか厄介でした。

     もう1つ、「エナジーレイン」を挙げました。これは、せっかく上げたレベルを下げられてしまうというもの。しかも、一時的なものではなく、戦闘後もその下げられたレベルで物語を進めなければいけない。しかも、1回で1~4くらい減ってしまい、それが繰り返されてとんでもないくらい下げられる可能性がある。レベルを上げるには、また経験値を貯めなおさないといけないんです。これを使ってくるバンパイアロードは、普通に攻撃や魔法も強かったので、本当に嫌でしたね。

     「くびはね」のように即死するものではないんですけど、真綿でじわじわと締められるような感じで、プレーヤーやる気を“死”へ誘う。これに関してはやられたらリセットでしたが、ファミコンの「ウィザードリィ」は戦闘が終わったり、キャラロストした瞬間オートセーブされるため、非常に高い緊張感をもってやっていました。

    ドラゴンクエストIV 導かれし者たち1990年エニックス
    エスタークいてつくはどう

     これも即死ではないんですけど、プレイヤーを精神的にも追い詰めるという意味で選びました。エスタークは攻撃力が高く、2回攻撃をしてくる。しかも打撃もさることながら、「こごえる吹雪」もグループ全体に結構なダメージ与えてくる。なので、味方の守備力をあげる「スカラ」「スクルト」は必須。あと味方の攻撃力を上げる「バイキルト」も戦闘を有利に進めるために必要なものでした。

     でも「いてつくはどう」は、こうした補助魔法の効果を一瞬で無効化する。守備力を上げて、ダメージを最小限にしていたのに、元に戻ってまた、大きなダメージをくらってしまう。

     戦いの序盤で、補助魔法を使って戦闘の準備をすると思うんですけど、それを無効化されると、ダメージの数字以上に心を折られましたね。そういったことも乗り越えて、パーティーの味方が死んでいくなか、ギリギリで倒した記憶があります。

    →次回は「“メモりミスで絶望”もいい思い出ファミコン面白パスワード集」

    「トラウマ必至! “死”を覚悟した敵の“必殺技”」を語るファミコン芸人・フジタ (C)oricon ME inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ファミコン芸人フジタが選ぶ「トラウマ必至! “死”を覚悟した敵の“必殺技”」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    TVアニメ名探偵コナン』より、「毛利蘭」が2.5等身のデフォルメフィギュアねんどろいどシリーズで立体化され、2021年2月に発売される。価格は4,818円(税抜)。

    ねんどろいど 毛利蘭」は、高校生探偵・工藤新一幼馴染毛利蘭」をねんどろいどとして立体化したフィギュア。交換用表情パーツは「通常顔」「気合い顔」「照れ顔」の3種類が用意されている。

    また、別売りの「ねんどろいど 工藤新一」と組み合わせて使える「手つなぎパーツ」が付属。さらに、同梱の「学生鞄+空手道着」や「携帯電話」で日常シーンを再現することが可能なほか、差し替えパーツを用いることで上段後ろ回し蹴りのポージングを楽しむこともできる。

    (C)青山剛昌小学館読売テレビ・TMS 1996

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『名探偵コナン』毛利蘭がねんどろいどとなって登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     任天堂9月16日ニンテンドー3DSシリーズの生産を終了したと公式サイトにて発表しました。

    【画像】生産終了が発表された3DSシリーズ

     9月16日より、公式サイトの製品ページに「ニンテンドー3DSシリーズの本体の生産はすべて終了いたしました。」と生産終了のお知らせが掲載されています。

     生産が終了したのは、ニンテンドー3DS LLニンテンドー2DSを含む全てのシリーズ本体。2011年の初代3DS発売以来、およそ9年間の歴史に幕を下ろしました。

     任天堂に問い合わせたところ、同日の「2021年3月期 経営方針説明会」にあわせ発表を行ったとのこと。任天堂は同説明会にて、今後も3DSNintendo Switchのような「ハードソフト一体型のゲーム専用機」によるユニークな遊びの提案を続けていくと述べています。

    ニンテンドー3DS公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ニンテンドー3DSシリーズ生産終了 9月16日に公式サイトで発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     スクウェア・エニックス9月17日、「ファイナルファンタジーシリーズの完全新作「ファイナルファンタジーXVI」をプレイステーション 5向けに発売すると発表しました。同日放送された「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」内で紹介されたもので、公式トレーラーも同時に公開されています。

    【初公開となったゲーム映像】

     「ファイナルファンタジーシリーズの正統ナンバリングとしては、2016年発売の「ファイナルファンタジーXV」以来。動画ではチョコボや魔法、竜騎士召喚獣クリスタルといったシリーズ定番の要素が多数みられるほか、どちらかといえば初期シリーズの雰囲気に近い、オーソドックスな中世ファンタジー的世界が舞台となっていることも確認できます。併せて、召喚獣フェニックスイフリートが激突するタイトルイラストも初公開に。

     具体的な発売時期などは不明。動画の最後には「PlayStation Console Exclusive」「Also Available on PC」との表記もあり、ハードPS5とPCでの発売を予定しているようです。

    プロデューサーディレクターよりコメント

     プレスリリースより、同作のプロデューサーは「FF14」を手掛けた吉田直樹氏、ディレクターは同じく「FF14」に参加した高井浩氏(高ははしごだか)氏が務めることが判明しました。併せて、2人のコメントも到着しています。

    プロデューサー 吉田直樹コメント

    FINAL FANTASY XVI “プロデューサー” の吉田です。非常に少人数のチームからスタートし、コツコツと積み上げてきた最新作。今回はその一端となるトレーラーをご覧いただきました。リアルタイムカットシーンバトルシーンで構成された映像はいかがだったでしょうか? 本作はさらなるクオリティアップと共に、最高のゲーム体験とストーリーをお届けすべく、開発一丸となって完成へと突き進んでまいります。次なる大きな情報公開は2021年を予定していますので、今しばらく、アレコレご想像しつつお待ちください! 引き続き、FFXIVと同様に、新たなるシリーズFFXVI」にもご注目ください! どちらも頑張ります!!

    ディレクター 高井浩氏コメント

    FINAL FANTASYシリーズ一作目は学生の頃、1ユーザーとしてプレイしました。「FFV」では開発スタッフとして製作者の末席に座らせてもらいました。その後は「FFXI」「FFXIV」とオンラインファイナルファンタジーに携わる事が出来ました。そして...「FINAL FANTASY XVI」16作目となるこのタイトルに携われることになり、新たな開発環境の構築から始め、さまざまなチャレンジを行っています。更にはPS5での開発。現在スタッフ一同精魂込めて日々開発を進めています。皆さんの手に取っていただくには今しばらく時間を頂くと思いますが期待してお待ちいただければと思います!

    ※画像はPLAYSTATION 5 SHOWCASEより

    (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. LOGO ILLUSTRATION: (C)2020 YOSHITAKA AMANO FINAL FANTASY, SQUARE ENIX and their respective logos are trademarks or registered trademarks of Square Enix Holdings Co.,Ltd.

    タイトルロゴ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ファイナルファンタジー16」PS5で発売決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ