1 朝一から閉店までφ ★

2019年06月07日 04:17
桜井画門さんの漫画「亜人」第14巻が発売された。

不死身の生物「亜人」が人間界に少数存在し、人間から虐げられているという設定のSFサスペンス。主人公の高校生・永井圭が交通事故で*なかったことから「亜人」と判明し、人間に追われるようになるストーリーが展開する。

劇場アニメが3部作で制作され、2015年11月から順次公開。テレビアニメが2016年冬に放送。実写映画が2017年9月に公開された。

講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。







新世代の亜人達が現れた! 第3ウェーブ突入を宣言した亜人テロリスト佐藤のシンパに亜人が複数人存在し彼らのIBMが中野攻、下村泉達へと襲いかかる。入間基地を占拠し、さらに首相を拘束した佐藤は「2時間でこの国の主要機関をすべて沈黙させる」と宣言し戦闘機に乗り込み超高速の波状攻撃を仕掛ける! 対亜人特選群と共闘関係を結んだ永井圭は極限状態の中、佐藤に対抗しうる作戦を立案! 実行に必要なのは時間と仲間だ!
http://www.new-akiba.com/news/179268


(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)





3


(出典 Youtube)


7

漫画は見てなくて映画は見たよ かなり面白かったんやけど 漫画も読んだ方がいい??


8

>>7
必要ない


11

>>7
読んだ方がいいよ(^_^)
映画はアクションメインに作ってあるけど、漫画は亜人自体やキャラクターの設定がもっとしっかりしてるし映画には出てこなかったキャラクターも出てきて読んでてとても楽しいよ。
実写はそういうところハブりすぎだね。それでもアクションシーンや音楽がとてもよくてあれはあれで良かったと思う。