1 朝一から閉店までφ ★

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のリリース700日を記念したコラボキャンペーンが、全国のカレーハウスCoCo壱番屋にて2019年7月19日からスタートする。

ニュース2019.7.17 Wed 21:00

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のリリース700日を記念したコラボキャンペーンが、全国のカレーハウスCoCo壱番屋にて2019年7月19日からスタートする。
期間中は店頭プレゼントキャンペーンとして「描き下ろしアクリルスタンド」が配布されるほか、抽選で「劇団イヌカレー(泥犬)描き下ろしTシャツ」などが当たるレシート応募キャンペーンも実施されることとなった。

店頭プレゼントキャンペーンは、合計金額800円以上(税込)を注文した会計時に、スマートフォンの「景品取得画面」もしくはレジ前の「景品取得カード」を提示すると、「描き下ろしアクリルスタンド」がその場でもらえるというもの。
「描き下ろしアクリルスタンド」のデザインは、お揃いのTシャツを着た環いろは、七海やちよ、鹿目まどか、暁美ほむら、アリナ・グレイの5種類で、透明の窓から背景の台紙が見える仕様だ。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://animeanime.jp/article/2019/07/17/46973.html
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners
《仲瀬 コウタロウ》


(出典 i.ytimg.com)





2

>>1
欲しいけどココのカレーおいしくないからなぁ。

(出典 Youtube)


7

>>2
ヤフオクなりモバオクなりで買えばいい
CoCo壱disりたいだけだろ*


8

>>2
そうなの?

月一で食べたくなるけど
あれも名古屋飯の一種なんだよね
愛知県人には


9

自分で作ったカレーの方がココより遥かに美味しいよね


10

>>9
そりゃ自分好みの味にできるからなw
そんな当たり前のことを…*なのかな?w


12

ココイチの話になるとどこからともなく「ココイチはマズい」って言うやつ出てくるよなw
貧乏人はとりあえずビーフカレーに好きなトッピング付けて食べてから文句言え
個人的には店舗限定だがカレーうどんもオススメ

まぁだが気持ちはわかる
自分も2ch時代に大絶賛されてたC&Cに行ったんだが、「甘いってこういうことでしょ?」という感じで砂糖が大量に入ってるような甘さのカレーを食べてから嫌いだわ(選んだのは普通のカレー)
日野屋は野菜やフルーツの甘さだがC&Cは砂糖の甘さを感じておいしくなかった
それ以来C&Cを絶賛してるやつを見ると反論したくなる


13

>>12
パリパリチキンとかフライドチキンとかトッピングして
まずいと思って調べてみたら中国産だったんですが
中国産であの値段は無いだろ


14

>>13
不味いの分かってるんだろ?
なんでわざわざ食いに行ってんの?

家で作って食え

中国産なのに高い?
だったら中国に行ってくえ
安く食えるわ貧乏人


15

何言ってんだコイツ


16

*しかココイチいかないってわかるね


17

不味いと思うなら食いに行くな
高いと思うなら食いに行くな

どこがおかしいのか言ってみw


19

私にとってcoco壱番屋は特別な日に行く贅沢なレストラン。

普段は牛丼屋通い年収200万の私でもちょっと背伸びしてがんばった自分へのご褒美。
店内は私と同じひとりぼっちの中年肉体労働者しかいないので気軽に入店できる。
店に入ったら人差し指を立ていつものカウンター席へつきメニューを手に取る。
すると直ぐにお冷と同時に「ご注文はお後が宜しいでしょうか?」とか煽ってくるのでメニューを戻し顔の前で手を組み、
「そうですね、手仕込ヒレカツをビーフカレーソースで、それと根菜鶏そぼろにほうれん草、チーズミックスにしましょう。」
今しか食べられない激レア限定メニューの根菜鶏そぼろに、ココイチの最高峰メニューの手仕込ヒレカツ、
この手仕込シリーズはマイスターが店内で衣をつけたとびきり贅沢なトッピング、それに定番のほうれん草とチーズを組み合わせる。

しかし、注文はまだ終わりではない。
「ご飯の量と辛さの方はどのようにいたしましょう?」
「そうだね、400gの3辛でお願いしましょうか」
このソムリエとの会話を楽しむような感覚で、きめ細かいオーダーをしていくのが心地よい。
静かな店内にオーダーの復唱が響くと店員がキビキビと動き出す。
私は顔の前で手を組んだまま、フライヤーに冷凍肉を入れる姿や小鍋でカレーをかき回す職人芸を眺めながら待つ。
そして待つこと数分、私の前に私オリジナルの究極のカレーが姿を見せる。
フンワリ分厚く衣が付けられた手仕込ヒレカツは写真よりも小ぶりで上品、
ほうれん草とチーズもまばらに散りばめられ彩りも美しい。
最後に仕上げとして私の手で福神漬けをふりかける。
この福神漬けはカウンターでかき回され長期熟成した逸品だ。

そして、いよいよ実食。
余計な具を入れず旨みを抑えたカレーソースは上品かつ繊細、中国産根菜の水煮独特の香りと食感を引き立たせる。
油をたっぷり吸った手仕込の衣は上品なカレーソースと野趣あふれる肉の匂いに油の旨みを追加、
スパイスを抑えてあるので日本人の舌に合うし、甘み香りを抑えたライスとの相性もバツグン、
これらが口の中で混ざり合いなんともいえない小宇宙となる。

値段は1880円とちょっと高めだが、こんな贅沢たまになら許される。
なーに、また明日からがんばればいいさ。