2019年8月15日に迎えた、戦後74回目となる『終戦の日』。

終戦の日にともない、漫画家の森永ミク(@miku39__mori)さんが描いた創作漫画をご紹介します。

74年前の「おかえり」

森永さんが描いたのは、74年前と現代に生きる夫婦のやり取りです。

74年前に「いってらっしゃい」と笑顔で送り出された夫はなかなか戻らず、最終的には遺骨となって帰ってきました。

遺骨を胸に抱き、泣き崩れる妻。戦時中は、こういった光景が多くの家庭で繰り広げられていたのです。

ネットの声】

・涙があふれた。平和のありがたみや大切さが痛いほど身にしみる。

・戦時中は、遺骨が回収できずに石ころを手わたされる場合もあったようです。

・愛する人をこのような形で迎えるのは本当につらいこと。改めて戦争はあってはならないと実感した。

作者である森永さんは、作品について「二度とこんな『おかえり』のある世界になりませんように」とつづっています。

「ただいま」「おかえりなさい」といい合える日常は、当たり前のようでいて、実は尊くかけがえのないものです。

戦争のない、おだやかな時間がこれからも続くように…改めて平和な世の中を守りたいと強く思わされます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@miku39__mori


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

つらい


男なら、背負わにゃいかん時はどない辛くても背負わにゃいかんぞ!


そもそも1コマ目の「いってらっしゃい」の重みが違う。


俺の婆ちゃんが遺骨だけでも帰ってこれただけ幸運な方だった、と言っていたことがあって戦争ってものの恐ろしさを感じた思い出がある


「最終的には遺骨となって帰ってきました」 ←←← 文学的能力が養われてない人材は、こういうデリカシーのない文章を平気デタレ流せるんだぜ。親不孝レベルの無能だ。


▲この「grape」は、ハーバービジネスオンライン&SPA!の「扶桑社」と同じ「フジサンケイグループ(フジテレビ)」の運営。 ▲ハーバーやSPA!での世論誘導工作が全然通用しないと知って、さらに別のダミー会社を投入して来た、学習能力ゼロの懲りないフジテレビ(筆頭株主は2005年からソフトバンク)


現実では、戦争に踏み出さない国や戦争に批判的な男を臆病者、非国民と罵り、焚き付けたのが当時の愛国婦人会や国防婦人会 前線には立たない癖に銃後として戦争に加担していた 女は常に被害者みたいに扱われるが、ちゃんと歴史を調べるとドン引くレベル


でも現代社会だと、覚悟して送り出した訳でもないのに、遺体で帰ってくることも多いよね。過労死だの自殺だの・・・


市民が政治を監視してないと、第二の牟田口廉也によって多くの国民が地獄に叩き落されることになるよ。


検察「部活指導者が生徒をリンチで*たけど不起訴、理由は明らかにしない。」検察「有名大学の生徒たちが集団*やらかしたけど不起訴、理由は明らかにしない。」これがまかり通ってる現状では、市民がちゃんと政治を監視しているとは言えない。


岡田斗司夫が「戦争なんかせずに、さっさと降伏して中国でもアメリカでもに占領されたほうがいい。国のトップが変わるだけの話。それより大切な家族が*だり家や財産を失って貧しくなる方がずっと損」って言ってたけどその通りかもね。いまだに玉砕の美学なんか持ってる人はいないとは思うけど。


降伏すれば*れずに済む、というのがそもそも間違いなんですわい。


それに直面したことのない者に戦争のことは分からない、ということも理解できないのか 他所の荒廃した国がなぜ荒廃してるのか考えたことすらないのかもしれない


降伏して*ずに済むのなら、どんな国だって戦争なんて手段は選ばない。当時の列強が有色人種をどう扱ってたか、世界恐慌の影響で隔離された貿易の中でどうふるまえばよかったと言うのかね…。答えなんか出るわけない。戦争は最悪の結果だったが、戦争がなければどうなっていたか、現代の我々にわかるはずもない。


骨も帰ってこないで手紙だけというパターンも多いらしい、便りがないのは無事な証拠といわれるやつ。あと戦死って連絡があって再婚後に実は生きてて戦後問題になった例も


武蔵46センチ<日本人が調子に乗って名誉白人気取りで、満州では子供たちが差別に便乗して中国人狩りをして遊んでいた。だから日本人は同じ黄色人種からの共感を得られなかったのだ。


ドイツ兵や日本兵が連合軍から壮絶な拷問を受けたのに対して、イタリア兵がそんな目に遭った話は聞かない。勝ち目なくなった時点で降伏していたらどうなってただろうか?


岡田斗司夫が「戦争なんかせずに、さっさと降伏して中国でもアメリカでもに占領されたほうがいい。国のトップが変わるだけの話。それより大切な家族が*だり家や財産を失って貧しくなる方がずっと損」って言ってたけどって?降伏して併合の場合トップだけでなく法や権利も変更されるやで?今まで様な生活は出来ねぇよ。


正直より良い負け方も有るだろうがたらればの話だからねただ言えるのは所詮は今ですら人種差別があるのを考えたら(それも結局は人種差別に関しては白人が多い)結局は負けられないとはなるでしょうね周りを見たら今以上は無いって思う余裕すらなくね


この手の話は非常に悲しく、今が平和で何よりだとも思えるものだけれども、だからこそ当時のようにならないように戦争というものに対して正面から向き合わないといけない。繰り返さないためには見ざる聞かざるではなく、正しく学ぶ必要がある。感情論的な部分や、謝罪が云々とかではなく、政治的な観点から外交の一手段として戦争を選択した経緯や理由を知らないといけない。


悲しみと想いとがその意味合いの重さだろうな。


日本人が増長して名誉白人気取りで同じ有色人種たちを奴隷のように扱った。だから日本には何の良い可能性もなかった。


バカらしい


死にに行く身、独身のまま*だんじゃ可哀想だって、周囲の計らいで出征前に慌ただしく見合いして祝言、と言う夫婦も珍しく無かったらしい。たった数日の夫婦生活なのに、夫の事が今でも忘れられないと言う年配の女性の話を聞いた事があり、何だか切なかった思い出。


こういうのを素直に受け取れる感性は失いたくないもんだ…


*な指導者が*な戦争を始め、国民はそれに巻き込まれた感じ。何十年たってもそんな戦争*ばっかだけどね。


攻める国でも、守る国でも兵は出るのに何故戦争はなくならないのだろうな…。欲は恐ろしい、一度リセットされたとしても必ず歴史は繰り返す、そうしてバランスを取るように…その時の被害者は大抵欲の標的にされた弱者だ。


ピザ君精神病院に行こうね?出てきちゃダメでしょう。


戦争が嫌だからこそ防衛が大事なんだけどな。非武装中立とか、戦わずに降伏言ってるアホな人いるからね。侵略国に飲み込まれたら侵略に協力するしかなくなるってわからんのか?


ああ、「生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか」の作者の方か…正直戦争は忌むべきものだが、だからと言って国防を大事にしないこととは違うんだよ、考えてほしいんだ『日本という国はこうやって守られて今がある、自分たちも守るべき国だ』って、韓国中国北朝鮮は現在進行形で日本に侵略してきてるのは忘れちゃあかんよ


ああ、こういうと『アメリカの核爆弾を忘れるな』ってやつが沸くけど昨今アメリカ軍が飛行機飛ばして民間地域に持ってきたものって『トモダチ』作戦の救援物資とかであって爆弾じゃないよね


守ったものはとてつもなく大きい。あの時ちゃんと戦ってなければアフリカ人アボリジニインディアンと同じ扱いをされていただろうな。女性全般に人権もなかったかもしれない。文化も歴史も全て破壊され八百万の神の思想は土着的として信仰すら破壊されてキリスト教に改宗させられ、あらゆるものが洋式になっていたかも。憎むべきは当時の政府ではなく白人至上主義者だよ。


占領してくれればいいんだけどね・・・たいてい追い出されて難民化するパターン。パレスチナ難民は70年以上彷徨ってるよ


人間は想像以上に愚かだから簡単に扇動されて簡単に他者を同じ人間と看做さなくなり平気で人権を蹂躙するようになる。防ぐには「攻めたほうが損をする」って状況を作るしかない。


なぜ民間人なら無傷で財産も奪われないと確信できるのか分からん


この人達がいてくれたから今日本は残ってる、美化は良くないが貶めて良いわけでもない。 負けはしたが起こるべくして起こった戦争だったんだよ太平洋戦争ってのは、ウイグルやチベットそしてクリミアを見てみろ日本もああなってた可能性もあったんだよ。


最後のイラスト見て「おかえりなさい」と「ありがとう」のどっちが相応しいかちょっと迷った私


誰かの言葉だったか、「過去に捕らわれるのは愚かとか言うけど、過去の遺産が柔らかいということに感謝しないで座ってるよりはマシ」か……。こういう無銘の人たちもいた事を忘れない事が本当の供養であり、平和授業だよな


>遺骨だけでも帰ってこれただけ幸運 骨壷に木片だけ入っていたって話も聞くよなあ…


こういうのを見て「戦争をしないようにしよう」と思うか「戦争を起こさないようにしよう」と思うかで人としての器が試されると思う


お忘れのようですが経済戦争も同じくらい人死に出してるのよねぇ。現在進行形で。WW2嫌いなリベラル層の過剰サービス要求が根本原因ってのが皮肉ですねぇ。あれだ、送る母親、出勤する娘、過労死で帰宅、これもコマで追加


戦争はな・・遺骨さえ戻ってこない 現地で行方知れずが多かった・・箱の中に木の札一枚 身元を証明するものさえ残らない 救われない


上辺では 行ってらっしゃい も禁句 生きて帰らぬを美徳とし いってきます も言えない・・来ますが言えないから・・行きますと言うしかなかった 思うより現実の残酷


交通戦争なんかは、日常的に起きているのに誰も車の規制に乗り出さない不思議 戦争よりも人なくなってるよね


悲惨な事例を残酷に見せること(脅すこと)しか手段を持たないくせに、ろくに世界の現実を見よう(見せよう)ともせず、理想論だけで平穏を維持できると思い込ませる教育に、中国共産党や朝鮮労働党もニッコリ・・・チベット侵攻から目をそらすなよ。


戦時中なら当たり前のことでしょ。(呆れ) 植民地奴隷になるかor戦うか、で誇りの為に命を散らしたのだということは、日本人として知っておかないと恥ずかしいですよ。


岡田斗司夫は基本「こう考えたらどうだろう」みたいな思考実験のスタンスで話していると本人も言っているので、成り立たないならそうなんだろうし、頭の体操程度に聞いていればいい。


うーん、これは分かり易く可視化されてるだけの気もするけどなあ。現代の日本でも様々な形で存在してる類の不幸だろう、これは。幸福を相対的に見せるのもわいの感性に合わんなー


現代のほうの夫婦がこれまでに何ら大した不幸を経験してないかのように見せる手法だから、その時点で構図と一緒に受け手も単純化させようって意図は含まれてるだろうし、個人的には拒否反応を覚える


中国に負け、国を失ったチベット人とウイグル人が今どんだけ*れ・辛酸をなめているのか調べてから「占領されたほうがいい。」と言いましょう


警官の違法職質で人権を蹂躙されてもお巡りさんご苦労様ですと言ってるバカな市民が欲深いブルジョワが愚かな戦争へと国を導くことを許してしまうのです。


すべての市民が、政治家と同等の当事者意識をもって国について考えて行かないといけない。市民であることの甘えを捨てなければならない。


言葉が違い、人種や文化が違っても、お互いに「国」があるから対等に付き合える・・・それと知らずに背負っているのが「国」というもの。国を亡くし、ましてや「占領」ともなれば、昨日まで親しく友人付き合いをしていたとしても、大陸の人間はいくらでも惨忍になれる。チベットやウイグル、旧ユーゴスラビアやイラクはどうだったか、現実を見て欲しい。


この漫画に関して言えば、凄惨な戦争から生還した人もいるし、平穏な日常の中にいても、突発的な事故や理不尽なテロに巻き込まれて帰って来れなかった人もいる・・・この作品は、厭戦プロパガンダにおいてのみ存在意義がある。


なんというか「浅はか」だなあ、と。何十年も前の昔の話を持ち出すのって進歩しない人のやることだし。


これで万事OKだわ


戦わず降服しろって論は通州や尼港での事件、現在のモンゴル・ウイグル、法輪功への弾圧を見て言ってるのなら国を出て一人でやってほしい。多くの国民を巻き込まないでいただきたい。最狂最悪の論だわ


今や、夫婦共働きが普通で「行って来ます」「行ってらっしゃい」と言う機会も少ない。「守るべきモノ」自体も変貌してしまった。


日本が戦ったからウイグル等よりマシな状態になってると言ってる人は無知だ。もしアメリカと中国ロシアが仲良しだったら日本人は完膚なきまでに虐*れていた。戦ったからではなく運が良かっただけだ。


何を言いたいのこれ


もし、の想定が愚か過ぎて何も言う事が無い件


こういうイラストで戦争なり国の在り方について考える人が少しでも増えたらそれで十分じゃないかな


うちの爺さんはシベリアに強制連行されてから帰ってきたわ。日本は敗戦国だから軍を解体され、韓国に漁民を*れ竹島を盗られても、ロシアに北方領土を盗られても、シベリアに強制連行されても何も出来なかった。こんなことが二度と起きないように、戦争をふっかけても損をするだけの国にしなきゃならない。国防って大事


国のために戦うwのも結構だけど、そばにいて妻子を守る方が大切だと思うよ。日本じゃなくても世界中どこにでも移住すればいい。家族より国土が大事な人は好きにすればいいがw


戦わなければ生き残れない、ネタでもなんでもなくってガチなんだよ。


世界中のどこにでも簡単に移住できるのは、日本というブランドがあるからで、日本円という信頼度の高い資金があるから。なにもかも失ったら移住じゃなくて難民。海外で力も金もない難民がどういう扱いになるか考えた方が良い。


>☆彡 今の時代の話をすると、日本って国は諸外国から「どうして日本はあんなに豊かで平和なんだ」と羨まれるくらい素晴らしい環境なのよ。住んでる日本人はそれが当たり前の状況にいるからその価値に気づいてないけどね。そういう素晴らしい環境を捨てられるかどうか、って考えてみたら、簡単に国土イラネと割り切れる物でもないと思う。これはさっさと降伏しろって話にも通ずるが


chi*en<日本が戦争を吹っ掛けられたのは元寇だけだぞ。


もちろん、割り切れる人だっているだろうし、それを悪いことだとは言わない。だから逆にそれを押し付けようとするのは悪いことだって思うかな。家族も大事、国土も大事、どっちも守らなきゃって考えの人が悪だとは思えないしな。


問題の本質はブルジョワによる庶民の命の蔑視であり、それを解決する方法は、権力による人権侵害に対して逐一市民が一致団結して批判しまくるしかないのだよ。


>さとう 確かにそうだわな。価値観以前にそういう問題も出てくるよね、戦争になったら。


無セリフの漫画とかを理解できない人ってものを知らない人でモノを知ってても理解力がそもそも皆無なのか、どちらにしてもそういう感性育ってないのは可哀想。


>>☆彡犬!


作品の話をしろ


こうやって「ヤダ!とにかくヤダ!」って感情的に叫びまわって戦いから逃げ続けるの?ホルムズ海峡への派兵もそうやって感情だけで妨害して、今の物資に満ちたりた平和な日常も捨てるんだろうねぇ。


この絵は、過去に実際こういう事があった。だから同じ事を繰り返しちゃいけないっていう教訓の話であって、そこに政治的意図を見出そうとする性質の類のもんじゃないよね。素直に受け取って、素直に「こんな事は二度とあっちゃいけない」って思えばいいだけ。そんで素直に「今は平和なんだ」って思えばいいだけ。


日本にいると平和に思えるけど、世界中は今国同士がお互い盾と剣を構えながら無表情だったり睨み合ったり愛想笑いしてたり、物陰でリンチやカツアゲ暴行が横行してたりでかなり危ないラインなんだよ


現在日本て戦争していないんだっけ?


宣戦布告の上での交戦状態になっている国はないな


この※欄は誰と戦ってるんでしょう


私にもわからん。本当にもうしわけない。


タイトルでNTRか何かだと思ってしまった


戦争とは何か?「家畜(牛)をよこせ」(・ω・)安易に降伏するということは何を差し出しても文句を言えない立場になるということ。それこそ食料・土地・人間も含めて。最悪統治など形だけの無法地帯にもなりかねない、というより実際歴史上でなってる国はいくつもある。


大陸は特に、敵生き残らせたら後で逆に自分たちが*れるから、政権交代=民族単位の皆* 現代は国際世論がうるさいから、弾圧でとどまってるけど


遺骨だけでも帰って来るだけまし。戦死報告だけの家も多かったと聞く。戦争とはそんなもの。


仏教の教え故に兵器を嫌い、戦わずに降伏した結果、3000あった寺院をたった6個まで減らされ、中国人から虐げられた生活を送る羽目になったチベットを忘れてはならない。


なんか狙いすぎてて白ける


望まぬ人が大半であったにせよ国のため家族のためと犠牲になった人達。とにもかくにも国は保たれた。だが、今のような国民を守ることさえおぼつかない、あまつさえ戦うくらいなら国なんていらないと叫ぶ人達が跋扈するような国になってしまったことをどう思っているだろう。


犠牲、というのは語弊がある。*でいった人達。


日本人の戦争観がいまだに半世紀以上前で止まってんのが一番の問題だと思うわ。


これで「戦争は駄目だ」って言い出すんだろ? 蹂躙されたらもっと凄いことになるんだが、そういうことを想像できないのかね? そうならないように戦ってくれた英霊にお参りするだけで非難するとか狂ってるわ。太平洋戦争を始めたのが日本だと思ってるバカもコメント欄にいるくらいだしなあ。


最後に切った爪とか髪とかその辺の石よりかは遥かに贅沢だなあ


まあ、わかりやすい表現だよな。


ピザくんはそんなに政府や警察が嫌いならこんな所に籠ってないで活動するなり議員目指すなりすればいいのに


日本は侵略した側ですが、侵略された側と重ね合わせてる人は一体なんなんでしょうね


「降伏な未来」これのチベット版がなければ現代の戦争の悲惨さは伝わって来ない。平和で平穏だった国が中国共産党の私兵(人民解放軍)に、どれだけ酷い蹂躙をされたのか。


字が上手い


侵略した側とか本気で思ってるのなら無知も甚だしいな。それ以前の列強の動きは無視かw 国に帰れよ。


侵略した側でないなら、何の問題もないし、侵略した側であっても、戦争を知らない今の現代人には何の関係もない。いずれにしても何も問題はない。全く無関係の事を持ち出して、あたかも関係あるかの如く表現し、どちらでも全く問題ないことを問題だと騒ぎ、人を貶めるのが半島流。


どうせ原住民は奴隷か肉片よ、地続きならともかく島国だし。右胸刺されたら左胸差し出す国民性だから仕方ないか