1 朝一から閉店までφ ★

マンガ・アニメ 2019/8/22

(出典 ddnavi.com)

 今回で第5回目の開催となる「次にくるマンガ大賞」。8月22日に行われた2019受賞作品発表会では、MCに中倉隆道さん(フリーアナウンサー)と浅野真澄さん(声優)を迎え、「コミックス部門」「Webマンガ部門」それぞれ上位3作品の授賞式が行われました。

 ⇒発表会タイムシフト視聴ページ
https://live.nicovideo.jp/gate/lv320561780

 両部門合わせたエントリー総数は4,222作品、投票総数は約28万票と盛り上がりを見せた今回。一体どの作品が大賞を受賞したのでしょうか? 早速結果を見ていきましょう!

 

Webマンガ部門


(出典 ddnavi.com)

1位『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社)

 Webマンガ部門の1位に輝いたのは、少年ジャンプ+で連載中の『SPY×FAMILY』。国家に属するスパイと、彼の任務のために仮初の家族となった娘と妻が巻き起こすホームコメディで、ファンからは「この漫画に人気が出ないなら世の中の方がおかしい!コメディ・アクション・ほっこりが詰まった最高の漫画」といった熱い応援コメントが数多く寄せられており、男女双方さまざまな世代から幅広く支持を得ての結果となりました。今後に期待したい作品です。

 

【Webマンガ部門TOP10】

1位『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社)
2位『村井の恋』(島 順太/KADOKAWA)
3位『腸よ鼻よ』(島袋全優/コミックスマート)
4位『女神降臨』(yaongyi/LINEマンガ)
5位『僕の心のヤバイやつ』(桜井のりお/秋田書店)
6位『忘却バッテリー』(みかわ絵子/集英社)
7位『新しい上司はど天然』(いちかわ暖/秋田書店)
8位『異世界おじさん』(殆ど*でいる/KADOKAWA)
9位『あせとせっけん』(山田金鉄/講談社)
10位『見える子ちゃん』(泉 朝樹/KADOKAWA)

 

コミックス部門

(出典 ddnavi.com)

1位『薬屋のひとりごと』(原作:日向夏 作画:ねこクラゲ 構成:七緒一綺 キャラクター原案:しのとうこ/スクウェア・エニックス)

 コミックス部門の1位に輝いたのは、月刊ビッグガンガンで連載中の『薬屋のひとりごと』。原作は同名のオンライン小説。中国を思わせる架空の帝国を舞台に、後宮に勤める官女が王宮内に巻き起こる事件の謎を薬学の専門知識で解くミステリー、ファンタジー、ラブコメ作品で、ファンからは「ちょっと卑屈で疑心暗鬼な猫猫がたいへんかわいい。毒物ミステリとしてもラブコメとしても完成度の高いマンガ」など、これからのストーリー展開に期待が寄せられていました。今年もラブコメ強し!

 

【コミックス部門TOP10】

1位『薬屋のひとりごと』(原作:日向夏 作画:ねこクラゲ 構成:七緒一綺 キャラクター原案:しのとうこ/スクウェア・エニックス)
2位『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社)
3位『神クズ☆アイドル』(いそふらぼん肘樹/一迅社)
4位『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』(原作:山口悟 キャラクター原案・コミック:ひだかなみ/一迅社)
5位『*に花束を。』(作楽ロク/KADOKAWA)
6位『その着せ替え人形は恋をする』(福田晋一/スクウェア・エニックス)
7位『疑似ハーレム』(斉藤ゆう/小学館)
8位『ぼっち・ざ・ろっく!』(はまじあき/芳文社)
9位『ライドンキング』(馬場康誌/講談社)
10位『こじらせ百鬼ドマイナー』(南郷晃太/集英社)

特別賞 U-NEXT賞

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://ddnavi.com/news/559503/a/





2

全部知らんわ

(出典 Youtube)


20

>>2
「次にくる」って事でまだ来てないからな。流行モンしかみてないとそれが普通やろ


4

最近のこういうのって馴れ合い互先美術利権みたいな構造に成ってる希ガス


5

>>4
訂正
×互先美術利権
〇互選美術利権


37

>>4
むしろ最初からそうやろ
創立の時点でniconicoが関わっとんのに


86

>>4
星雲賞の一部部門くらいしか信用出来ない
あそこは平気で該当なし入れてくるからな


11

薬屋の独り言は面白いよ。
ちょっと少女漫画色はつよいけど


31

>>11
内容からしても設定からしても普通に女性向けだよなあ
男も楽しめるってだけで
連載誌からして男性向けだって強弁してるのが多いけど


16

薬屋コミカライズ話同じなのに絵が可愛くない方は評価されないのか

ライドンキングは面白い


18

>>16
ライドンキングは同意だが、ならば異世界おじさんもランクインしてほしかった。


19

>>18
と思ったら、web部門で入ってたわ。
メンゴメンゴ。


45

>>16
小学館版はちゃんと漢文使ってたり資料きちんとしてるとこが好きだけどやっぱり地味なんかな…


23

幼女社長はランク外か(´・ω・`)


40

>>23
セーフ!

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


26

みんなよーいどんで全部読んで選ぶのではなく、ノミネートから知ってるやつで選ぶランキングだからなあ
どうしても露出少ない作品は浮かんでこないね


27

>>26
過去のデータ見るとジャンプ作品が1位か2位に来てた
1位ヒロアカ→1位背筋→2位ネバーランド→2位ドクターストーン→2位チェンソー


87

>>27
忖度か(´・ω・`)


この中だと『腸よ鼻よ』が好きだわ
闘病漫画って作者が大変で気の毒だと思う反面面白いし勉強になるわ
『SPY×FAMILY』は数話見たがあまりわからなかったから若い子向けなんだろうな

薬屋は読んだことないが昔流行した韓国ドラマのチャングムみたいな話なのか?


28

スパイファミリーってアメドラでありそう


41

>>28
ティーンスパイKCってのやってた


29

ラノベ原作のは別カテゴリとしてランキングしてほしかったな
原作があるのとないのではコミックスの売上にも差が出るだろう
公平じゃない


50

>>29
去年まではコミカライズものって除外されてたんじゃないかな
まぁ今年も薬屋、悪役令嬢ぐらいか?


42

「図書館の大魔術師」がホント凄いんだけど、ランク外か。
知名度低いのかなぁ?

中東風の異世界で、図書館の司書を目指す少年の話。冒険もの。

背景まで緻密なのに非常に見やすい画、構図、
ストーリーも、キャラも、かなり高水準。
そして、泣ける。
現在3巻発売。と宣伝。


49

>>42
直接関係ないが、作者が集英社の連載ぶん投げて講談社で別のもん描いてるあたり、一部では不評
まぁ知名度の低さが致命的


93

>>42
これの絵を描いてる人、自分の作品は休載してこっち描いてるのかよ


56

各部門2000種類程度が候補

各50種類ノミネート

それぞれベスト10が選ばれる

ノミネートの時点で小学館版はない


100

>>56
あ、だからなのか
スクエニ版と気付かずに投票した小学館版の支持者が多そう


57

ラノベもなろう
アニメもなろう
マンガもなろう
もういい加減にせいや


70

>>57
Web投稿サイトで一番勢いあるのがなろうなんだから仕方ない
ジャンルの偏りさえ無くなってくれれば問題ないんだかな


73

>>70
数打ちゃ当たる、粗製濫造、売れ線ストーリーの模倣大会だからなかなか状況は良くならない


58

スパイは本誌でやらないのが
不思議なくらい


59

>>58
今の連載は隔週ペース
それでいい結果出してるんだから、週刊少年ジャンプではムリ


68

異世界レビユアーズおすすめ


71

>>68
アニメ化決定してる時点で、もう来てる、から


74

>>71
来ていいのか?
地上波に流していいのか?


77

>>74
流せる部分だけ流すんでしょ


83

>>74
深夜ならセーフセーフ


76

スパイファミリーはすでにネタ切れ感がすげぇよ
作者が子供を学校に入れてから次の展開が思いついてないから、新キャラ出しては使い潰して時間稼ぎしてる


78

>>76
こっちにも顔出してるのか


88

何故かバレーボール用品のミカサが僕ヤバ推し
コミケでコラボのクリアファイル配布してたり


89

>>88
スポーツ用品会社は、よっぽど変な性癖の漫画でない限り、後援するぞ
そのスポーツの知名度と競技人数増えない限りジリ貧だからな


90

>>89
なるほど少子化だし切実な事情なんやね…


92

>>90
ミズノもずっとダイヤのAやってるからなあ


95

>>92
ミズノは野球用具出してるからダイAは分かるけど、僕ヤバはヒロインの背が高いだけでバレー関係ないぞ
むしろバスケ部だ


94

今後は複数の出版社からコミック化して競わせるのが流行るのかね


96

>>94
電車男の時は原秀則版(小学館)と渡辺航版(秋田書店)だったっけな
この時の人気は明らかに原>>>渡辺だったけど今は渡辺>>>>>>>原だもんな
人気企画に渡辺に白羽の矢を立てた担当は相当の目利きか


98

>>96
秋田書店はヤングチャンピオンの道家大輔版もあった
好みもあるんだろうけどこの道家版電車男が一番良かった

原も渡辺も無理矢理描かされてる感を感じちゃってねぇ