Unknown Worlds Entertainmentが開発・発売している海洋サバイバルアドベンチャーゲームSubnauticaの販売本数が500万本を突破した。これはgamesindustry.bizが販売数を確認したときに、無料ダウンロードを含まない数字として、523万本と回答したことから明らかになったもの。

 すでにSteamでは日本語に対応している本作だが、PLAYISMからSubnautica サブノーティカ』として、PlayStation 4パッケージ版が2月20日に発売することが決定している。価格は4280円(税別)で、初回特典として32ページの「初心者必携サバイバルガイド」が付属される。

 『Subnautica』は、海だらけの惑星にたった一人で取り残された主人公が、海を探索しながら生き残る海洋サバイバルアドベンチャーゲームだ。

 海洋惑星に不時着した主人公は、この惑星から脱出するために、広大な海を探索して材料を集めて、潜水艦や基地を建設しなければならない。最初は泳いでいる魚を捕らえるのにすら苦労するだろう。飢えや渇きを耐えつつ、試行錯誤しながら生物や鉱石を集めよう。強力な酸素ボンベ、耐圧スーツを作り出したら、海底深くの洞窟や海底火山を探索できるかもしれない。

(画像はSteam『Subnautica』より)
(画像はSteam『Subnautica』より)

 いわゆるクラフトゲームと、海を舞台にした探索ゲームを合わせた本作だが、SF的なストーリーも好評だ。Steamでは、暗闇が支配する深海が「怖い」といった感想や、多種多様な生物、色とりどりの珊瑚礁が「美しい」といった様々な感想が見られ、手探りで求めていた材料やアイテムが意外なところから手に入ったときに驚きや感動を口にする人も出ている。

(画像はSteam『Subnautica』より)
(画像はSteam『Subnautica』より)

 開発・発売のUnknown Worlds Entertainmentは、Charlie Cleveland氏とMax McGuire氏によって設立されたインディースタジオHalf-Life(2003)のmod『Natural Selection』の開発にスタジオの起源がある。サンフランシスコに拠点を持つが、スタッフは全世界に散らばって開発をしているという。

 本作は2018年1月23日に発売して以来、多くの人を魅了しているが、かつてEpic Games Storeの無料ダウンロードゲームの対象になったことがある。そのときは450万本ダウンロードされていると見られており、今回明らかになった523万本という販売本数を合わせると、本作は1000万本近く出荷している作品となる。

 このようにメガヒット作品といっても差し支えない本作、日本ではPlayStation 4パッケージ版が2月20日に発売し、あまりPCゲームで遊ばない人にとってもより手軽な作品になるので、気になった人はチェックしてみてはいかがだろうか。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

このゲーム下手なホラーよりよっぽど怖い。深海の巨大生物とかシャレにならんわ。もっとも一番ホラーなのは潜水艇が圧壊する深度に平気で生身で出るプレイヤーなんだけど


トルネードの人の功績は大きい


ある条件で出現してくるリヴァイアサンが怖くて知らないで遭遇するとトラウマレベル


ウィーキャンビーライトールネイド


Steam、Epic Games Store、Xbox One、PS4の合計だそうだ。日本からも購入可能なPC版が含まれているから「海外で」では無く「世界で」が正しいな


海の中ゲームなのになのに海外、って思って一人クスッとなった


やりたいゲームの一つだけどグラボが高すぎて買えない


基地作りがバリエーション少ないけど楽しいんだよねえ裏技で好きなイラストを壁に飾れるし


マイクラみたく協力でできたらいいなあ、と思ってたら調べたら今はできるじゃないの! むっちゃやりたくなってしまった(やるとは言ってない)


こういうのを見るたびに「太陽のしっぽ」を思い出す。あれは時代を先取りし過ぎてた。今の技術水準でリメイクしてほしい。


ブラッドケルプのBGMが怖い。そして深海サンゴ礁が地獄すぎた


ふと98時代に遊んだ"SUB CULTURE"もこんなゲームだったなぁ、と思い出した。


興味が湧いた方に一言。すっげー3D酔いするぞ。


これガチの神ゲーぞ。


こういうタイプのゲーム凄い好きだしやってみたいんだけど海洋恐怖症には辛すぎるな


朝の海底はたくさんの色彩に彩られててただ海を探索するだけでも楽しいゲーム。だけど夜の海底になると途端に原初的な恐怖に襲われる。グラボに余裕があって興味があったら触ってみるといいよ。これは凄いゲームだ


とらねずの人の見て買ったけどプレイしてみてわかる夜の海の怖さ


リヴァイアサンは、ヤバイよ?((((;゚Д゚))))


有名になるずっと前からトルネードの人ので知ったな。リヴァイアサンとか深海とか見てるだけでも十分伝わるくらいドキドキする。巨大くじらなんていたら夢に出てくるわ