「漫画の神様」手塚治虫さんの“新作漫画”がAI技術によって復活し、26日に東京・講談社で新作漫画お披露目イベントが開催された。1989年に亡くなってから、実に約30年ぶりに復活した新作漫画『ぱいどん』は、27日発売の週刊漫画誌『モーニング』(講談社)に掲載される。

【写真】AIが生成した新作漫画『ぱいどん』のデータ

 『TEZUKA2020』と名付けられたプロジェクトは「もしも、今、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう?」という思いから、手塚さんの遺した膨大な作品をデータ化し、キオクシアの高速・大容量フラッシュメモリと先進のAI技術を駆使して、30年ぶりに新作を発表するというもの。

 漫画の主人公は、2030年の東京で、進んだ管理社会に背を向ける男・ぱいどん。記憶をなくしたホームレスだが、小鳥ロボットアポロとともに事件を解決するべく立ち向かうというストーリー

 制作手順としては、手塚さんの作品をデータ化し、AI技術がストーリーキャラクターの視点で「手塚治虫らしさ」を学習。その結果を人間がAI技術にフィードバックして磨き上げ、AI技術が生成した“漫画のタネ”をインスピレーションソースにして、クリエイターたちが発想を広げて新作を完成させた。

 この日のお披露目イベントには、手塚さんの息子でビジュアリスト手塚眞氏のほか、今回のAI技術活用に尽力した慶應義塾大学工学部の栗原聡教授、キオクシアの百富正樹執行役員が出席した。

 眞氏は「手塚治虫が亡くなってもう31年経つ。ファンから『手塚先生の新作は読めないんですね』と言われ、残念な気持ちでいっぱいだった。この話を持ち掛けられ、すてきな話だなと思うのと同時にそれは10年以上かかると思った」と本音を吐露。予想以上の早さで新作漫画が誕生したことについて「まさに手塚治虫の漫画の中のよう」と目を輝かせた。栗原聡教授は「人工知能が人と連携していて、どういうふうに役立っていくのか少しでもイメージしてもらえれば」と笑顔で語った。

新作漫画『ぱいどん』お披露目イベントに出席した(左から)百富正樹執行役員、手塚眞氏、栗原聡教授 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

田中圭一先生の仕事がなくなるやん・・・


嫉妬深い人だったから、もし内容が面白くても「こんなのは俺の漫画じゃない!」ってあの世でキレてそう


「手塚治虫の新作」じゃなく「手塚治虫風の漫画」ってだけ


手塚治虫先生が描きたかったのはとても公にできないケモナー大歓喜の本だろ。


新作より火の鳥完結させてくれない?


空前のAI墓破り操り人形ブーム


世の中が望む手塚治虫しか書かないだろうし期待できないな


どうせならリボンの騎士リメイクした方が今のお*大好き同人ゴロには受けると思うんですけど


仮面ライダーゼロワンのようなことになるか、最悪の場合、漫画家さんのお仕事が奪われて職の幅が狭まってしまいそうですね…


AI技術が生成した“漫画のタネ”をインスピレーションソースにして、クリエイターたちが発想を広げて新作を完成させた。⇐結局今までの手塚オマージュとどこが違うん?


>田中圭一先生の仕事がなくなるやん・・・ 娘さんとツイッターでプロレスしてたから大丈夫。でも、田中先生は自由に描かせてくれないんです! 手塚先生!!というつぶやきで、それに娘さんが叱咤するという流れだったけども、AIであろうと結局身内やこの関係者がNG出せば、本来のディープラーニングした漫画は読めないのだと思う。AI再現、それが良い悪い別にしてね。


この人の場合、絵は基本大した手間かかってないでしょ。だから絵と構図は楽かな。肝心なのは題材に対してストーリーをどう組み込んでいくかかなぁ。設定と話がキモ?


昔やる夫スレで見た火の鳥現代編に現実が追いついたかな?


途中で亡くなった作品も完結できたらなぁ


手塚治虫さんの作品がベースなら,読んでみたいと思った.手塚さんの漫画の一コマになりそうな話と思った.読んでみないと分からないが,今回の場合,まだ,人の手が入っているようだから,それなりに面白くされているのだとは思う.AI技術のみで漫画の面白さを出すことなど,できるようになるのだろうか.吹き出しの文章に違和感が出てしまいそう.それはそれで面白いかもしれないが.


こういうのだと作品だけ出し続けてくれて、SNSとかで垣間見える作家個人の一面見て失望する事なさそうだし良いと思う。


所詮模倣作なのに「手塚治虫が書いた!」とか言ってて虚しくないのかね?それとも「手塚治虫」は人名ではなくグループ名か何かだったのか?


多分本人なら「僕が描いてないんだから違う!」ってムキになって言う


誰かが考えた「手塚治虫はこんな漫画を描く」を実現させた作品であって手塚治虫本人の作品では無い(同人作品と同じ)。これを「手塚治虫の新作」と言うならあらゆる全ての2次創作作品が1次作品作者の新作扱いになりかねん。今ならまだ間に合う、「『手塚治虫風の作品』の新作」と明記してくれ。


アシスタントにリテイク連発しないなら本人ではない


ドラえもんの道具にあったな。指定した先生風に漫画を描いてくれるツール。時代が追いついた…と言うか22世紀の技術80年程先取りした。


今生きてたらって仮定なのに2030年の東京が管理社会って、100年前のディストピアSFかよw 手塚治虫風なのはいいけどテーマは最新のにしてくれ


>多分本人なら「僕が描いてないんだから違う!」ってムキになって言う それに、娘や孫が自分のネタで食い扶持繋いでることに残念がりそう。というか怒るかもしれない。しかも、作品のジャッジは彼らだし・・・


美空ひばりにしても、こういうのは死者の功績を替えの効く量産品であるかのように貶める冒涜だと思うのだけど。あとキオクシア、ストレージに採用されてるだけであんまり関係ない。


外野があれこれ言っても身内がOK出してんだから好きにやらせてやれよと思うし、そんなにやってほしくないなら文句言うお前らが死者蘇生の技術を作ってくれという


今まで生き続けていたなら絵のタッチがそのままなわけがないと思う