ハッピーエンドじゃいかんのか?

ハッピーエンドじゃいかんのか?

自意識過剰なオタクってのは、世間にゴロゴロしている。オタクは大なり小なり、オタク趣味のない人と比べるとズレた感覚が備わっているし、それがオタクの愛しさでもある。無論、自意識過剰なオタクにしてもそうだ。

最近ではネット上で、どっかの飲食チェーンチーズ牛丼を注文する人が、いわゆるオタクアイコン的な扱いを受ける風潮があるらしい。そのせいで、オタクが「チーズ牛丼を頼みにくい」と思うようになったなんて話も聞く。

なんともバカみたいな話であるが、そうは言ってもオタクの変な主張ってのは、止むこともない。今回はその生態の一片をみなさんにご覧いただきたい。(文:松本ミゾレ)

「なんで俺の嗜好を叩くんだ?」というスレ主

5ちゃんねるに先日「オタク『現実は辛いからラノベ漫画アニメは辛いことないハッピーエンドが良い』←これが叩かれる理由」というスレッドが登場した。このスレを立てたオタクは言う。

オタク二次元に癒しを求めるのは間違ってるのか?」

と。スレ主は自分が好きで観ているハッピーエンド系の作品について、叩かれる風潮を嘆いている、ってことなんだろうか。現実はしんどい。だから創作の世界だけでも、楽しい結末が待っているものを観たい。そう考えているようだ。

現実が楽しいか、それとも辛いかなんてのは、個人の生き方とかにもよっても異なるので、ここで「現実は楽しいこともあるよ」と言うつもりはない。一方で、幸せな結末の待つ創作ばかり観ているオタクを叩いたり、批判する気もない。

スレ主の場合も、スレタイにわざわざ「これが叩かれる理由」と書き込んでいる。ということは、それなりに好きなジャンルを叩かれた経験があるってことなんだろう。

でも、個人的な感覚で言わせてもらうと、楽しいと感じることを否定されたからと言って、それを苦しいと感じたり、スレッドを立ててまでけん制したがる気持ちはよく分からない。オタク一致団結していろんなジャンルを褒め合うなんて、そんな気色の悪いことなんて望まない。ただでさえ、俺らオタクは2匹以上集まると世間さまを「うわぁ」って気持ちにさせているんだし。

オタクを叩くのもまたオタク

それに、みんながみんなハッピーエンド系の作品を否定するオタクばかりでもない。スレッド内にも肯定的な声はいろいろとあるのだ。

「まあそれは人それぞれ違うやろ。わざわざここで発表しあう必要はない」
「というか大概の人気アニメって解釈のしようによっては全部ハッピーエンドだよな」
「面白けりゃなんでもええぞ。一番ストレス溜まらんのがハッピーエンドってだけや」

こんな具合に、オタク全員がハッピーエンドを叩いているわけでもないことが分かる。結末に至るまでの過程が面白ければそれでいいので、別段ハッピーエンドを叩く気にもならない。

では、誰がハッピーエンドを叩いているのかってことなんだけど、わざわざ叩くってことはそもそもコンテンツに興味がある人に限られる。普通の、オタクでもない人は「ラノベ読みたい」とかあんまり思わないはず(表紙が、オタク以外門前払いみたいなデザインだし)。

となると、ハッピーエンドを叩いているのもまた、同じオタクではないだろうか。

というか、わざわざオタク向けのコンテンツを叩く者なんて、ほぼほぼオタクである。自分の気に入らない属性を叩くオタクなんて昔からいる。一方で「ハッピーエンドオタクコンテンツが云々」とか言われても、オタクではない普通の人やらリア充の人なんかは「あ、はぁ」って思うだけ。

オタクを叩いているのは、ほとんどがオタク。つまり、同族嫌悪なのだ。僕もガンダムのコラムを書くが、批判してくるのも100%ガンオタだし。だとしたら、あんまり気にしなくていいのではないだろうか。

「現実はつらいからアニメはハッピーエンドがいい」というオタクは間違っているのか


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

最近の3Dのは知らんが、セル画のディズニーアニメ映画でなんでバットエンドがないか。 そしてそれが話として何故人気なのか。 オタクとか関係なく、望まれてるからじゃろ?


「この世に溢れてる辛いことから現実逃避するためにも俺たちにはCGDCT(cute girls doing cute things)『可愛い女の子が可愛いことをしている』ものが必要なんだ」などというスレは海外でもあるがね。


忘却の彼方に埋もれし生誕の記憶と、立ち会うことをゆるされぬ臨終の場。人が目撃しうるのは常に他人の生と死であるにすぎず、自己の存在は不確かな生と*途上にあって、たえず不安にさらされ、そのドラマは完結を無限に遅延されている。それ故にこそ人は物語を追い求めるのだ。予感に満ちた発端と感動の終幕を。


バッドエンドにするだけのストーリー性があれば受け入れられるだろうけど、意味もなくバッドエンドにされたら視聴時間の無駄でしか


確かに魔法少女とか、女の子が学校で暮らす部活とかオタク向けってそんなのばっかだもんな。大人になっても特撮見る様な人向けにアマゾン専用のアマゾンズとかやってるしな。


>チーズ牛丼を注文する人が、いわゆるオタクのアイコン的な扱い  ←そんなの初めて聞いたんだが・・・


叩かれていたのは10年くらい前でここ最近はそんな話聞いたこともないけどなぁ


ハッピーエンドでもバッドエンドでもいいけど、ちゃんと筋道が立ってればいいよ。滅茶苦茶と思われる展開でも納得できる伏線や設定、世界観があればそれでよし。終始バッドエンドに向かう展開なのに、強調すらされてない伏線もなく唐突に救われてハッピーエンドになるようなものはNG


たいていの物語はハッピーエンドでは?神話とかはバッドエンド多い気がするけど過去の話だからかな


いや、個人の好みの問題では?


その方が好きよ。ただ悲劇のがインパクトや作り易さあるから作る側は都合のいいハッピーエンドは苦手な人もいるし、それが質がいいという意見もある。古典芸能とかその傾向が強いね。


そもそも正しいとか間違いとかそういう話じゃないんじゃないですかね。


両方あるのが一番好き(ゲーム派)


おもしろけりゃなんだっていい。が、円盤購入したり何度も繰り返してみるのは、ハッピーエンドというか、見た後に少し気分が良くなる作品。これは、漫画や映画でも同じ。


いうほどハッピーエンドで叩かれたアニメあるか? 「話の筋が通ってなくて無理やりご都合主義的ハッピーエンドになった」とかなら叩かれる理由は分かるが、それはハッピーエンドだから叩かれたんじゃなくて話の杜撰さで叩かれたという類だろうし。


オタクのオタク叩きってコンプレックス拗らせてよくわからない変化球になってること多いな


ああいや、「ハッピーエンドを好む傾向にあるオタクが叩かれる」という話か?そうだとしても分からんな


分かる。自分も二次には笑いなり癒しなりを求めたいタイプだ。そもそもリアルの苦行でも辟易してるのになんで二次にまで鬱い内容の作品をブッ込んでくるのかって話だ。正直そーゆーの作る人間の気が知れない。どこまで精神が病んでるのかとさえ思う。人の創作にケチは付けたくは無いし、そんな資格は無いのだけれど。あまりにも夢も希望も無い作品は正直どうかと。


ハッピーエンドに限らず物語を「綺麗に畳む」ってのは当たり前に期待されてることだと思うんだけど,最近はアニメでも小説でもそれができてない作品が散見される.「完結させないまま放置する」ってのもあるけど「完結したのに収束してない」みたいなの.あれは実に後味が悪い.


虚淵だけだろそんな頭おかしいの


別に物語のスジがしっかりしてりゃどんなエンディングだろうが全く問題ない。問題なのはオタクというものを「現実が辛いからアニメゲームマンガに逃避してる奴」とでも言いたげなこの記事


『辛い事がないハッピーエンド』ってのが好きで、それが叩かれるという話だから、王道展開で良く見る辛い事を乗り越えてハッピーエンドの作品ともまた違うんじゃないか? 個人的にはご都合主義ばかり叩かれてるが、不都合主義ほど醜悪なものはない。成功する道筋、環境、能力、仲間が揃ってて、報連相しなくて最悪な展開になるやつ。報連相より難しい事を乗り越えたお前達はどこへいった


アニメと現実を比べて話すな


色々な人がいるだろうから癒しを求めるのも自由。しかし本来オタクは作品を批評できる理性・作品を消費できるだけの経済力を持つもの。そうしたものを全く持たないような奴がオタク趣味に逃げることもあるだろうがそれは決して本来のオタクではない


大量生産されるアニメ作品の中でインパクトを残したいなら「予想を裏切る鬱展開」か「唐突なバッドエンド」を使うのが手っ取り早い。「予想を裏切るお花畑展開」や「唐突なハッピーエンド」だとご都合主義扱いされて忘れ去られるだけだからな


メディアが居場所のないオタク趣味に逃避してるだけの奴をステレオタイプなオタクとして喧伝したせいでオタク差別が横行したと言える。今時そんな事を信じる奴は少なくなったが未だにそういう話にしたがる奴らがいるのも事実


ハッピーエンドは別にいい。でも最近は終始主人公無双の異世界転生アニメが多すぎてウザい。中には盾勇者みたいに面白いのもあるんだろうけど、*の一つ覚えみたいに同じジャンルばかり乱立されるともう「異世界」ってワードを見ただけで見る気が失せるほどには不快感が勝ってくる。特にご都合主義過ぎて何のひねりも無いやつは勘弁だわ


単にほとんどは主人公が人並み外れた努力をしているからそれが報われるストーリーのほうが因果として美しいってだけ


ハッピーエンドが無いのがクソってことはラジアータストーリーの件で確定したはず。


世間一般に受ける話のほとんどはハッピーエンドなんだからそれでいいんだよ。マイナスなご都合主義でとりあえず悲惨にして注目集めようとしてるだけの作品よりはずっといい。


オタクの話がハッピーエンドかバッドエンドかだけで終わる訳ないが


話の内容が理解できないからハッピーエンド的な雰囲気じゃないと発狂するバカが少なくないだけだと思う。


オタと非オタはそこまで明確に分類できるわけではなくなってますけど(笑。


バックトゥザフューチャーの実況にも終始タラタラ文句付けてるやついたなぁ


「叩かれる理由」←これの意味が解らん。100人が100人とも肯定しろと言うのか?それで自分の趣向を変えるのか?論破したいだけなのか?少数派だといけないのか?


個々人の好みと時勢流行の話では?あえていうなら現代のネット空間では個別作品への批判意見が封*れる傾向がある。個別作品に批判を意見を言えないフラストレーションがジャンル批判や嗜好批判へと姿を変え、その批判の一部がハッピーエンド系のご都合主義批判って形で元スレ主の目に多く入ってるんだろう


全てが破壊されて主人公が一人荒野に立たされているエンディングをバッドと見るかハッピーと見るかは人の感じ方によっても制作陣の演出の仕方によっても違う。他人が感じたソレを叩く事自体がクソの所業。気にすんなと言いたい。


粗のあるハッピーエンドはまだ許せるけど粗のあるバッドエンドはほんまもんのゴミだからな(例:鉄血二期)辛いからってだけじゃない


>表紙が、オタク以外門前払いみたいなデザインだし まあこれだよな。中身に触れようとも思わん。


「オタク向けハー!!!」(笑) いやカップル向けとか親子向けとかでもみんなそうじゃん(笑)


「お話と現実をごっちゃにしてはいけませんなぁ」


作品の雰囲気にもよるな。ラジアータはあれだけ王道作品の空気かもしだしておきながらあの結末だから…僕はDODみたいなのも好きだよ。


保存則を超える分だけ叩かれる。相手の趣味を1と評価して、自分の趣味の価値を2だと言い張って差額の1だけ叩かれる。それもまた保存則


受け取り方は十人十色だ*みんなエンジョイ&エキサイティングよ


まぁオタクを否定することも否定しないけどね


製作者が性格悪いならとかく、普通は話の筋を通そうとしてるからバッドになるわけで。


ミステリー小説好きだが、たまには人の*ないミステリーが読みたくなる


バッドエンドやハード・シリアス・鬱な展開を叩いたことがない者のみ石を投げなさい


ラジアータは、うん。全てを元に戻してシステムを継続するエンドかヒロイン含め諸々失ってシステムから脱却するエンドだからなぁ。見方によってはハッピーエンドに見えなくもないが……


ハッピーエンドなら拙くても子供向けかなとか気持ちをシフトできるが「現実見ろよw」って露悪趣味満載の拙いバッドエンドは見るに堪えない。でも諸問題をほっぽらかしたハッピー風エンドはNG


主義も主張もひとそれぞれじゃん


そもそも、「いいバッドエンド」ってのはなかなか描きづらい。現実を含めた「適当なバッドエンド」ばかり見せられたせいで「バッドエンド」自体を嫌ってる人もそれなりにいるんじゃないかな。


クトゥルーENDも捨てがたい。ハッピーだろうがバッドだろうが、特に意味の無い子供騙しはしらん


ハッピーエンドを望むのは別にいいし、俺もどうせならハッピーエンドが見たいだからって押し付けてくるのはNG


単に好みの問題でしかない話を、間違ってるとか間違ってないとか言ってる奴は頭大丈夫か?


私は否定しないものを否定しない。ゆえに「ハッピーエンドが良い」は「バッドエンドはダメだ」ではないので、これを是とする。


個人ブログならともかく5CHのスレッドなんてわざわざ取り上げるのは暇人ではないのか…? 片っ端から道歩くオタク全てに後ろ指を差すのか? 怖いねぇ


ハッピーエンド至上主義なら映画好きにもいるからまだわかるけど、キャラが物語として葛藤したり挫折したりする過程にまでストレス感じはじめたらビョーキだと思うわ。アニメにセラピー的役割を強要してシナリオの在り方まで否定する輩が少数だけど存在するから、オタク全体がハッピーエンド以外認めない原理主義者みたいに思われてるのかもしれないな。


ハッピーエンドもバッドエンドも見る側の主観で変わるし落としどころの問題かなーと(・ω・)正しい間違ってるというのも作る側、見る側の問題で。楽しめ!以上。もやもやするのは自分の「嗜好(思考)」にあってないだけだと


バッドエンドが許せないわけじゃないからな。クソみたいな筋道でバッドエンドになったのが許せないんだぞ、なぁ鉄血?視聴後は気持ちよく終わりたいからハッピーエンドのほうが良いけどな。


アニメやオタク記事にしたら脊髄反社で反応しちゃう大きな子供たくさんいるから、楽な仕事だろうな。


バッドエンドなんて現実にゴロゴロ転がっているんだから、創作の中でまでやる必要ないだろ。あと、ハッピーエンドを迎えたキャラを続編で不幸にしたり、パート2でパート1の話を否定したりするのホントやめて欲しい。


「キャラクターが困難に立ち向かい頑張る姿が好きなのであって、バッドエンドを望んでいる訳じゃない」って意見は何処かで見たような。


興味の無いジャンルは論評の対象にならないのでは?


無意味なバッドよりハッピーのほうがええわ娯楽作品なんだしアニメは


そもなんでいちいち他人に同意もとめるのよ お前がハッピーエンド好きならそれでいいじゃん


面白ければ何でもいい


現実を幸せにする努力をして


作家が全員スティーブンキングとか、ドストエフスキーみたいな陰鬱なのばっかだったら、国民が自害を始めるわ。明るいのはいいぞ(放課後ていぼう日誌)


「フランダースの犬」とか「ミスト」とか、与えられた選択肢の噛み合いがわずかに違っていたら救われていたかもしれない作品は、幸福との落差の分つらくなる。絶望を叩きつけるだけのバッドエンドはいけない。


現実逃避なんかと結びつけようとする悪意ある記事。作品として面白いか否か。それだけだ


ハッピーエンドが好きでバッドエンドは見たくないと思ってるくらいなら多くの人が賛同するかもしれないが、ハッピーエンドに繋がる山あり谷ありの展開の中で、谷の部分が来るだけで「現実が辛いから物語の中でくらい~」とかシュバって文句言いに来るやつは心底害悪だと思う。お前の人生が辛いのはお前のせいであって、みんながみんなそうだと思うなよ。


富野由悠季は1981.2.22、新宿アルタ前にて「アニメ新世紀宣言」を行い、アニメファンは富野に求めた「リアル」がアニメの主流になると確信した。事実「リアル」を継承せんという劇場アニメが続いた。しかし2002、NHK「トップランナー」にて富野は、性急な人類の革新という考えをアニメにしたのは間違いだった、とした。ここにおいて疾走した「リアル」は、突如消えた。


そしてほとんどの場合に叩かれるのは、そういった脳みそがスカッスカになった過度な谷間展開嫌いであって、バッドエンド嫌いではない。


好みなんだから「ハッピーエンド以外認めない!」とか言わない限りはなんだっていいだろ(当然逆も然り)


とりあえずこの記事書いたやつはオタクという空想の人種をひたすらに見下げていることだけはわかった


整合性ブン投げたご都合ハッピーなら整合性の取れたバッドエンドのがいいが、同じ整合性取れてるならハッピーに越したことはない。ただ個人的な話をすると、最近ハッピーエンドのハードルがクソ高くなってて辛い。登場人物たちはめでたしめでたし的な雰囲気醸し出してるけど「これ言うほどハッピーエンドか?」みたいな


「現実はつらいから」⇒「円盤がうれるから」にすると面白いよなw 美女と野獣も女性差別をなくすために原作改変があったし、時代時代で声の大きい人のいう事聞かないと売り上げに結びつかない大人の事情が大きいだろ。


ご都合主義なんてクソ!と言いつつ悪役がご都合主義に無敵の外道プレイする作品を持て囃すアホは嫌い


100人いれば100通りの趣味趣向がある。わざわざ否定したところで得られるのは使い道の無い自己満足と他者からの敵意、嫌悪感。数が増えれば争いも生まれる。「口は災いの元」だな


過程を楽しめればどっちでもいいわ


間違ってる間違ってない?どうでも良いだろカス、この記事書いたやつはゴミそれだけは正解


そんなもの人それぞれとしかいえないでしょう。人を*のたーのしーとか動物虐待たーのしーなんていうサイコパスなものでもないんだし。しいて言うなら押し付ける人が悪


態々娯楽としてみるんだから暗く後味の悪い展開なんて見たくないって考えるのが大多数の考えかただからこそハッピーな展開の方が一般受けするんだぞ。逆にネットで見かける鬱展開を持ち上げる意見には、他人が不快な気分になっているところを見ると快感を感じるという人間性に問題のある輩の意見が多分に含まれている。そういう奴らに限って声がでかいし。


バッドエンド大好きなんですが、それは


元々世界観からしてバットエンドが漂うディストピア作品ならアリ。平和な日常がこわれていく系とか互いの思惑の相違からギスギスはじめる青春系は良作だろうがお断り。


退職してツイッターに返ってきた某プロデューサーが言っていた。「バッドエンドかは主観の問題かと思うので。僕はそうは思ってない。僕たちは僕たちのけものフレンズ2を作りました。テメー!って知らない人に平気で言えちゃう人が一期のあの世界が好きな人達なんですね。なるほど。」


好きな物が好きでええやん、理解できない物を理解できない奴は仕方ないよ。復習物が嫌いな奴が復習する位の憎しみを知らないように、その復習物が最後にそいつもまた復習で*れる憎しみの連鎖を知らないように。アニメなんて理解できる物を理解して楽しめばいいんだよ、現実にありえない物を楽しむのが二次元だろうが


ここで語ってるやつらはコメントからすらきもさが漂ってくるけど、そういう人達の現実は人から好かれず悲惨でしかないからアニメという最後の砦くらい許してあげてくれ


バッドエンドですよ、ハッピーエンドですよ、とか告知されて見るかどうか。嗜好が違うものを勧める・聞かれた時にどうするか。ん~


別にバッドエンドでもいいが、ちゃんと書けてないとオルガみたいにネタ扱いにしかならんよな


Anotherなら ハッピー?


どっちかというとハッピーエンドのほうが好きだな。ちゃんと整合性があるならバッドエンドもいいんだけど、ご都合悪い主義が発動しまくったり、最初からバッドにしか行かない舞台設定を作っておいて、ご都合主義がないからバッドエンドになりました的なのは嫌い。


オタク趣味ってアニメに限らず個人趣味だから人からどう思われるとかどうでもいいんじゃないかな?


ディズニー、ジブリ見てる奴全員オタク認定かよネトウヨパヨクばりの認定検定だなw


アニメを見る時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで・・・


元スレは知らないが、以前アニメ板に似た人がいた。世間的にはハッピーエンドのアニメなのだけど、その人だけは、キャラの大半がカップル成立なのに、ある一人の女の子がカップルになっていないのでこのアニメはバッドエンドだ。と頑張っていた。今回のスレ主も自分が納得できる終わり方じゃないので最もらしい理由をつけてバッドエンドだと騒いでるだけでは? 違っていたら申し訳ない。


間違っているとしたら、アニメの好みを他者から否定される事。自分はやっぱりハッピーの方が和むし好き、だからって逆にバッドが好きって人をダメとか言う事もない。ただの好みの違い、色々有っていい。否定したらどちらか一方しか無くなっちゃうやん?


>終始バッドエンドに向かう展開なのに、強調すらされてない伏線もなく唐突に救われてハッピーエンドになるようなものはNG 2以降のGEやんけ!!


物語の結末はハッピーでもバッドでも(当人が面白いと思えれば)間違ってはいない。 結局現実がクッソ辛いのは変わらないのだから、そのアニメや物語に触れた人が一時でも辛さを忘れて心を休ませたり、視聴後に明日も頑張ろうと思えるのが一番良いよな。