アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

    漫画家



    1 朝一から閉店までφ ★

    2019年5月17日 18:30
    「銀牙~THE LAST WARS~」最終22巻

    (出典 cdnx.natalie.mu)

    大きなサイズで表示(全2件)
    https://natalie.mu/comic/news/331915



    高橋よしひろ「銀牙」シリーズの最新作「銀牙伝説ノア」が、5月24日発売の次号週刊漫画ゴラク6月7日号(日本文芸社)にてスタートする。

    2018年12月に、赤カブトの子供にあたるモンスーンと犬たちの戦いを描いた「銀牙~THE LAST WARS~」が完結した「銀牙」シリーズ。本日5月17日に発売された週刊漫画ゴラク5月31日号の予告ページには、
    「激しき戦いの後に、奥羽に平和が訪れたが、兄・シリウスを喪った傷心のオリオンは行方をくらませてしまう──。その状況に歴戦の仲間たちは!? 壮絶なる銀牙サーガ、新章が幕を開ける!!!!!!!!!!!!」との告知文とともにカットが掲載されている。


    【【漫画】高橋よしひろ「銀牙」シリーズ最新作「銀牙伝説ノア」次号ゴラクで始動】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★

    2019/05/10 16:00 Written by ナリナリ編集部

    マンガ「孔雀王」などで知られる漫画家の荻野真さんが、4月29日に腎不全のため亡くなったことがわかった。59歳だった。「ヤングジャンプ」公式サイトが訃報を伝えている。  

    荻野さんは1959年生まれ、岐阜県出身。1985年に「孔雀王」の連載を「週刊ヤングジャンプ」で始め、漫画家デビュー。以後、同誌で「孔雀王退魔聖伝」「夜叉烏」「ALGO!」「小類人」「拳銃神」「孔雀王曲神記」などを連載し、独自の世界観からなる、その伝奇SF作品は多くのファンを獲得した。

    特に「孔雀王」は1980年代後半から1990年代前半にかけてアニメ化されたほか、1988年には三上博史、ユン・ピョウ、安田成美、緒形拳らが出演した映画「孔雀王」が、さらに1990年には阿部寛、ユン・ピョウ、勝新太郎、名取裕子らが出演した映画「孔雀王アシュラ伝説」が製作され、ファミコンやメガドライブなどのゲームにもなった。

    同誌編集部は「これまでの読者の皆さまのご愛顧に対し深謝しますとともに 謹んでご逝去の報告を申し上げます」とつづっている。
    https://www.narinari.com/smart/news/2019/05/54414/all#more


    (出典 www.danshihack.com)


    【【訃報】[荻野真さん] 「孔雀王」作者死去、三上博史や阿部寛らで実写化も 2019/05/10】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★

     4月11日に肺炎のため死去した「ルパン三世」の生みの親でマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん(享年81)が生前プロデュースした、映画「シャザム!」(デヴィッド・F・サンドバーグ監督)のコラボレーションイラストが9日、公開された。また、モンキー・パンチさんとコラボした「DCヒーロー」連動キャンペ-ンが6月に実施されることも発表された。

     モンキー・パンチさんは、DCコミックスが発行している雑誌「MAD」に影響を受けたことがきっかけでマンガ家デビューし、アメコミや「トムとジェリー」などのカートゥーンアニメが好きだったという。DC作品とのプロモーションとして、プロデュースを生前のモンキー・パンチさんに依頼し、今回のキャンペーンが実現した。

     ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは「残念ながら、企画のスタートを氏に見届けていただくことはかないませんでしたが、モンキー・パンチ氏は本企画を楽しみにされていました」と説明。今回、「シャザム!」のコラボイラストの公開となった。

     キャンペーンの詳細は、バットマン、スーパーガール、アクアマンなど、他キャラクターのイラスト発表と共に公開される。


    2019年05月09日 アニメ 映画
    https://mantan-web.jp/article/20190508dog00m200062000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 Youtube)


    【【漫画家】モンキー・パンチさん:映画「シャザム!」のコラボイラスト公開 生前にプロデュース】の続きを読む



    1 ひかり ★

     人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が5日、宝塚大学東京メディア芸術学部(東京都新宿区)で特別講演を行った。富野監督は受講者に向けて、
    アニメ制作は「さまざまな役職の人が集まってやっていく作業だから、僕みたいに角の立つものの言い方をすることはやめて、人と人の間にいいハーモニー、アンサンブルを持ってやっていくことが、
    皆さんの幸せな人生につながる」とアドバイス。「僕は今でも幸せではないです」「宮崎駿を潰すと思っていても、*ない。こんな不幸なことはないんです」と笑顔を見せながら語った。

     富野監督は自身の経験を踏まえ、「アニメの世界に入ると、徹底的に才能がある人がいる。あなたたちの隣に座っている人もそうかもしれない」「宮崎駿が隣に座っていたら何もできなくなる」と語った。
    その上で「潰したいと思える人がそばにいてくれることが、自分の夢をバカみたいに追いかけられる、ぼんやりしたものではないと思わせてくれる。だから自立していられる。僕がガンダムのような作品が
    作れたのは、高畑(勲)さん、宮崎さんと出会えたから」と思いを明かした。

     また、富野監督はアニメを作る上で「物語」の重要性を語った。「どんなかっこいい絵を描けても、物語を持った者には歯が立たない。物語を持っていることが必殺兵器になる」と訴え、若くしてヒット作を
    生み出した作家の作品は「みんな、ティーンエージャーの時代に感じ、考え、体験したことをバックして作られている作品が多い」と分析。

     諫山創さんの人気マンガ「進撃の巨人」を例に挙げ、同作が諫山さんのアルバイト経験が基になっていることを知ったといい、「リアリズムを映しているようには見えないが、『進撃の巨人』のように
    リアリズムを記号化して描くことで、リアルに物語を伝えられるのかもしれない」と説明。「アイデア、新発見は日常の世界にある。アニメやマンガは物語を表現する上での媒体でしかない。
    アニメの勉強だけしていても作家にはなれない。こんなところで富野の話を聞いていても仕方ない」と冗談を交えながら、受講者に語りかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000014-mantan-ent


    (出典 akiba-souken.k-img.com)


    【<富野由悠季監督>ガンダム誕生の背景に宮崎駿、高畑勲の存在 「潰したいけど、潰せない」】の続きを読む



    1 muffin ★

    https://www.oricon.co.jp/news/2134838/full/
    2019-05-05

    世界中で大ヒットを記録した人気漫画『NARUTO -ナルト-』の作者・岸本斉史氏(44)。同作完結後、約4年半ぶりに『週刊少年ジャンプ』(集英社)で自身2度目の新連載『サムライ8(エイト) 八丸伝』を13日よりスタートさせる。原作を岸本氏、作画を『NARUTO』時代のアシスタント・大久保彰氏が担当し、SFをベースに侍の心を描いていくストーリーだ。15年間の連載を終え充電期間も経た今、「リベンジの想いがある」と新作へ意気込む。「完璧を目指すけど、完璧にならない」――理想の作品を究める上で、原作に専念することの意味など、岸本氏の創作哲学に迫った。

    ■原作専念は“締切とこだわり”の葛藤 15年間の長期連載終え虚脱感も

    ――『NARUTO』完結後に「次回作はSF作品を描きたい」とおっしゃっていました。今作を描くに至った経緯は。

     元々、侍漫画を描きたい思いがずっとありました。集英社に最初に持ち込んだのは侍漫画なのですが企画が通らなくて、今回はリベンジの想いが込められています。当時の内容とはまったく違うのですが、侍とSFの世界観をあわせようと思ったのは、2つのジャンルが好きだからです。言葉ではなく行動で示す侍の姿に共感を覚えて、漫画として見て感じてもらいたい想いがある。“SF”と“侍”をわけて作品を描くことは、年齢的にもこの後何本も世に送り出せないので「それだったら、混ぜよう」と思ったわけです。

     15年描き続けた『NARUTO』が終わったときの心境は「やっと終わった、解放された、やりきった」というのがありました。けど、「やりきった」と思いつつも「完璧な作品ではない」というのが心の底にあったので、引っかかる部分があった。『NARUTO』を描き終える時期が近づいてきた時に、やっと「漫画の描き方がわかってきた」ところもあって、次回作は反省点を踏まえて作ることは考えていました。

     本格的な構想は『NARUTO』の連載が終わってから2年後くらい。すぐに着手できなかったのは、15年間連載してきて疲れてしまい、正直、考えることや漫画を描く気力がなかったから(笑)。それでも段々と「漫画をまた描きたいな」と思い始めてきましたね。子ども、家族との日常生活を楽しんだ充電期間を経て今作に挑みます。

    ――今作は原作に専念しています。絵を描きたい想いは薄れてきたのでしょうか。

     僕は絵を描くことが大好きで、漫画家になったのもそれが理由。その想いが強すぎて週刊連載だと僕のこだわり過ぎた絵では締切に間に合わない(笑)。『NARUTO』の時にそのような事例が出てしまい、僕が描いたら周りに迷惑をかけてしまう。週刊ペースではなく月刊ペースでの連載もありますが、それも難しいと考えていて、年4回くらいの季刊ペースでやっとだと思います。描く意欲がなくなったわけではありません。

     今回、作画をしてくれる大久保君は本当に絵がうまくてセンスがいい。『NARUTO』時代のアシスタントだったのですが、どんどん絵が上達していくのを見ていました。あるとき、大久保君の描く「優しさ」「あたたかみ」のある絵を見た時に、認めたくはないけど、正直、心の中で「負けた」と(笑)。彼の絵に嫉妬した部分はありつつも、「彼の絵(才能)をいつか世の中に見せたい」、「彼のためだったら原作者になってもいい」と思えたほどです。

     実は、『NARUTO』の連載当時から、「いつか一緒に組んでやろうよ」という話はしていました。彼はどんな絵を描いていても「あたたかみのある絵」になるので、今作の「侍」要素の部分での斬り合いのシーンであったり、SFのメカニックの要素でも殺伐としないんです。伝えたい世界観があるのでネームは僕が描いていますが、作品が一番輝くことを考えた時、自ら描くより大久保君の絵で読んでもらうのがベストだと思っています。 (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 dosbg3xlm0x1t.cloudfront.net)


    【【漫画】『NARUTO』岸本斉史、“完璧さ”への美学とジレンマ 新作SFに込める「リベンジ」】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★

    2019年4月25日掲載 デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/04250557/

    (出典 www.dailyshincho.jp)

    4月19日に金曜ロードショーで放映された「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」(日本テレビHPより)

     4月19日、11日に逝去されたモンキー・パンチさん(享年81)の追悼特別番組として、長年にわたり「ルパン三世」を放送し続けてきた日本テレビは、劇場版第1作「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」(1978年)を放映した。映画化から40年以上が経ち、「金曜ロードSHOW!」で放送されるのもこれが14度目である。

     だが、昨今のテレビしか見ていない世代には、この放送は衝撃だったようだ。いったい何に驚いたのかといえば――。

     放送時、SNSに広がった驚きの声を拾ってみよう。

    〈テレビをつけた瞬間、峰不二子の*が映し出されて「あ!!*だ!!」って叫んじゃった。〉
    〈峰不二子の*拝めたよ〉
    〈地上波で*を映すことが許されてる女 それが峰不二子さ〉
    〈峰不二子の*が拝める名作第1弾を金曜ロードショーで見れた モンキーパンチ先生お疲れ様でした!〉
    〈地上波規制すら超越するのが峰不二子の*なのだ。これはもはやハレンチの世界ではなく、芸術の完成形なのだ。〉
    〈いまごろ峰不二子の*にザワザワしてるキッズたちがいるのかと思うと微笑ましい。ドラマやバラエティでも生の*が出ていた時代もあったんよ…。深夜にお色気ドラマをこっそり見てたなあ…なつかしい。〉
    〈峰不二子、*出てたんだがww 昔はありだったんだね...〉

     ルパン一味の紅一点、峰不二子の*に驚いたというわけである。映画が始まってすぐ、不二子がシャワーを浴びるシーンで、豊満な胸はもちろん*まで映っていたからだ。今のご時世、たとえ映画であっても、ゴールデン帯では実写はもちろん、アニメでも女性の*が映ることなど皆無と言っていい。ルパンファンの民放プロデューサーが言う。

    「今ではドラマでは*は放送できませんから、驚いたのも無理はないですね。この日は、『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』(2010年)を放送する予定でしたが、急遽『ルパン三世 ルパンVS複製人間』に差し替えられました。
    しかも、放送に先んじてモンキー・パンチさんを追悼するナレーションを流し、映画のエンディングでも〈モンキー・パンチ先生 ありがとうございました〉と黒地に白い文字でメッセージを流したほどの気の遣いようでした。
    日テレは『ルパン三世』本編だけでもテレビシリーズで5作、単発のスペシャルが26作、そして映画8作と大変お世話になってきましたからね。不二子の*に関しても、作品に敬意を払ってのノーカット放送だったと言われています」

     BPOの審議も辞さず? 日テレの英断と言っていいのではないか。
    ※ 全文は記事で

    ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)

    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

    ルパンは燃えているか・・・・?!

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 Youtube)


    【【ルパンVS複製人間】モンキー・パンチさん追悼、懐かしき「峰不二子」に視聴者ら驚きの声】の続きを読む



    1 しじみ ★

    ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。

     1937年に北海道浜中町で生まれる。65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

     80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

     2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200000000c.html


    【【訃報】モンキー・パンチさん:「ルパン三世」の生みの親が肺炎のため死去 81歳[04/17]】の続きを読む


    松本零士氏、死去したモンキー・パンチさん


    松本零士氏、死去したモンキー・パンチさんと小池一夫さんをいたむ 松本零士氏、死去したモンキー・パンチさんと小池一夫さんをいたむ
    …ーテル~僕の永遠」(29日まで)の開幕前に取材対応。11日に死去した「ルパン三世」を手掛けた漫画家、モンキー・パンチ(本名加藤一彦)さんと17日に死去…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))



    (出典 images.ciatr.jp)



    【松本零士氏、死去したモンキー・パンチさん】の続きを読む


    子連れ狼」などで知られる劇画原作者の小池一夫さんが、4月17日に肺炎のため亡くなった。82歳だった。


    小池さんの公式Twitterは19日、「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます」と伝え、「故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました」と報告。

    そして「皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」と謝意をつづっている。

    小池さんは1936年生まれ、秋田県出身。大学卒業後、さまざまな職を経験したのち、さいとうプロに所属し、初期の「ゴルゴ13」原作などにも携わった。1970年に独立後は、「子連れ狼」など数々の名作を世に送り出し、1977年には「小池一夫劇画村塾」を開設して後進の育成にも尽力。同塾出身者には高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、堀井雄二さくまあきら山本直樹らがいる。

    また、近年はTwitterを活用。昨年夏からの入院生活中も頻繁に更新し、4月17日には、亡くなった「ルパン三世モンキー・パンチさんについて「モンキー・パンチさん、お亡くなりになったのか…。ルパン三世、大好きでした。ご冥福をお祈りします」「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。 淋しくなるなあ」とつづり、これが最後のツイートとなった。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 uresta.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【劇画原作者の小池一夫さんが死去】の続きを読む



    1 しじみ ★

     1万円札のデザインが2024年をめどに刷新され、渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)の肖像が使われると、4月9日に発表された。「“しぶさわえいいち”が1万円札に」という音声をテレビのニュースなどで聞いた人の一部が、「(ライトノベル作家の)時雨沢恵一(しぐさわ・けいいち)さんが紙幣になるの!?」とびっくり。本人もTwitterアカウントに「お札にはなりません」と追記するなど、このネタに反応している。

     渋沢栄一は、江戸時代から昭和初期を生きた実業家。第一国立銀行や東京証券取引所をはじめとした多数の企業の設立に関わり、「日本資本主義の父」とも言われる。一方、時雨沢さんは1972年生まれの人気ライトノベル作家で、「キノの旅」シリーズなどで知られる。

     氏名の読みは、前者が「しぶさわ・えいいち」、後者が「しぐさわ・けいいち」で、発音するとそっくりだ。9日朝、渋沢栄一が1万円札になるとのニュースに接したライトノベルファンから、「ニュースの音声だけ聞いていたら、時雨沢恵一に聞こえた」などの投稿が相次いだ。

    時雨沢さんも、1万円札に渋沢栄一がデザインされるとのニュースをTwitterで引用し、「このニュースと関係のないアカウントがこちらです」とツイート。アカウント名には「@お札にはなりません」を追記した。さらに「渋沢栄一氏の韻を踏んでペンネームを時雨沢恵一にしたわけではないんですが、思いついた時にすんなりハマったのは偶然ではなかったのだろうなあと思います、はい。」とも投稿している。


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/09/news073.html


    【【話題】時雨沢恵一さん「お札にはなりません」 「しぶさわえいいち」と音そっくり、勘違いする人も!?】の続きを読む

    このページのトップヘ