アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

    アニメキャラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★

    2020/2/20 07:00

    萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」が5年前に一部でバッシングを受けたことがあった。以降も、「性的だ」「女性蔑視になる」などと指摘を受けて騒ぎになるケースが後を絶たない。

    最近では、女子高生キャラを描いた「ラブライブ!サンシャイン!!」のパネルが撤去され、論議になった。その後の碧志摩メグは、どんな状況なのだろうか。





    「キャラは、地元に受け入れられて大人気ですよ」

    「キャラの姿は、当時とまったく変わっていませんが、地元に受け入れられて大人気ですよ」

    三重県志摩市の海女をモチーフにした碧志摩メグを手がけるプロデューサーの浜口喜博さん(43)は2020年2月19日、J-CASTニュースの取材にこう答えた。

    公式サイトなどを見ても、太ももがはだけ、胸を強調しているとされたキャラは健在だ。

    浜口さんによると、志摩市の地元では、碧志摩メグを描いた「痛チャリ」などの貸し出しが行われ、おくすり手帳など10種類ほどのグッズが出回っている。着ぐるみのゆるキャラも、土産物店でPRしているほか、イベントなどにも出ているという。

    さらに、クラウドファンディングで資金を集め、アニメの舞台が多い東京都立川市では、碧志摩メグのラッピングバスが3月末まで運行している。19年11月24日に行われた都心快走では、ファンが乗車を楽しみ、沿道にはカメラを持って待ち構える人の姿も見られた。

    20年1月からは、ユーチューブに公式チャンネルを開設し、碧志摩メグは、「Vtuber」としても活動を始めた。声は、三重県出身の人気声優、小松未可子さん(31)が担当している。






    「撤去するぐらいなら、初めからやるなと言いたい」

    浜口さんは、テレビを通じてデビューした元鈴鹿8耐レーサーとしても知られている。浜口さんが監督をするチームでは、碧志摩メグとコラボした「痛バイク」でレースに参戦する予定だ。

    「フランスのル・マン24時間レースにも出て、日本の漫画文化の影響力を感じました。Vtuberの碧志摩メグがレースなどの動画を配信し、地元の鈴鹿8耐で世界一を取るのが目標ですね」

    公式チャンネルの登録者は、2月19日夕現在では1500人ほどに留まっているが、「コラボしたレースなどの配信が始まれば、変わってくるのでは」と浜口さんは言う。

    2015年8月に「海女の誤解につながる」などと地元の女性らが志摩市の公認撤回を求める署名活動にもなった騒ぎ以降、バッシングはないといい、ラブライブのパネル撤去などについては、こう言う。

    「撤去するぐらいなら、初めからやるなと言いたいですね。応援しているファンもいるのに、腹立たしい気持ちがします。地元を盛り上げようと頑張っている人にも申し訳ないと思います。批判には、地域で効果があることを説明し、毅然とした対応をしないといけないですよ」

    市から15年11月に公認を取り消されたときは、公認がない方が縛りもなくて自由に活動できると考え、それで公認撤回を市に申し出たという。

    「市からまた公認したいという話はありませんが、こちらは公認してほしくないと思っていますよ」
    (J-CASTニュース編集部 野口博之)

    https://www.j-cast.com/2020/02/20380076.html?p=all


    (出典 www.4gamer.net)


    【話題 注目情報 【キャラクター】あの「碧志摩メグ」は、今も地元で活躍している 関係者が語る「批判」への向き合い方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アニメや漫画には胸が熱くなるようなバトルの存在が欠かせませんよね!

     

    世界や大切な人を守るための悪との戦いは、胸が熱くなる人気の展開です。しかしバトル漫画で避けては通れないのがキャラクターの死。

     

    自らを犠牲に仲間をかばって、敵の力に及ばず…などなど死に様は様々ですよね。推しキャラクターの最期に涙を流した人も多いはずです!

     

    ここで皆さんに質問。死に様が印象的だったキャラクターといえば誰を思い浮かべますか?

     

    ※ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください※

     

     

     

     

     

    例えば『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』より、花京院典明

     

    敵・DIOを倒す際に見せた、最期の活躍は感動ものです。

     

     

     

     

     

    鋼の錬金術師』より、マース・ヒューズ

     

    ロイ・マスタングの親友であり戦友。妻グレイシアに化けたエンヴィーに撃たれ、殉職するという最期を迎えました。

     

     

     

     

    ONE PIECE』より、ポートガス・D・エース

     

    最期は、世界中から疎まわれた自分を慕ってくれた親父や仲間達、そして自身を救うために無茶をしてきた最愛の弟に対して「愛してくれて………ありがとう」という名台詞を残しました。

     

     

     

     

    DEATH NOTE』より、L。

     

    キラ事件において夜神月との壮絶な頭脳戦を繰り広げた末、デスノートに名前を記され最後を迎えました。

     

     

     

     

    NARUTO』より、日向ネジ

     

    木ノ葉の名門日向一族の天才。第四次忍界大戦でナルトとヒナタを庇って戦死しました。

     

     

     

     

    ここで紹介した他にも、死に様が印象的だったキャラクターがいれば、コメントにて教えてくださいね

     

    好きなエピソードや、おすすめポイントなどもお待ちしております!

     

    まさかここで…途中退場するとは思わなかったキャラといえば誰を思い浮かべる?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 お勧め まさかここで…途中退場するとは思わなかったキャラといえば誰を思い浮かべる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    銃の名手であるガンマン。早撃ちで敵をバッタバッタと撃ち倒していくガンマンは、フィクションの世界では昔も今もかっこいい存在ですね。アニメにも警察官や諜報機関員、泥棒やギャング、はたまた仮想空間ゲームキャラクターまで、あらゆる立場の「銃使い」が多数登場します。そこで今回は、アニメ史上一番かっこいいと思う「銃使い」について探ってみました。

    1位 次元大介
    2位 冴羽りょう
    3位 赤井秀一
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「次元大介」!

    2位に倍近くの票差をつけて『ルパン三世』の「次元大介」が堂々の1位に輝きました。主人公ルパン三世の相棒で、愛銃「SW コンバットマグナム」を操る早撃ち0.3秒の天才ガンマン次元大介。銃の腕前はもとより、顎ひげと中折れ帽がトレードマークの渋いルックスと、窮地に陥っても始終冷静にルパンサポートする姿もかっこよく多くの票を集めました。

    2位は「冴羽りょう」!

    続いては『週刊少年ジャンプ』連載漫画原作の『シティーハンター』の主人公「冴羽りょう」がランク・イン。都会の悪を掃除するスイーパー(始末屋)を生業とし、人混みや繁華街であっても周囲に被害を与えることなく、きっちり標的だけを撃ち倒す射撃の腕前を持つ彼。いつもは美女に目がなく手が早い三枚目ですが、いざというときには命を張って依頼人を守るギャップもまた魅力的です。

    3位は「赤井秀一」!

    3位には『名探偵コナン』に登場する黒いニット帽を被ったFBI捜査官「赤井秀一」がランク・イン。冷静沈着な思考とコナンにも匹敵するほどの推理力を持っています。スナイパーとしても数々の場面で活躍しており、その腕前は700ヤード(約640m)離れた場所からわずか数センチの標的をも粉砕できるほど。感情を表に出さないクールな性格も相まって大変人気を集めているようです。

    このように、圧倒的な射撃能力を持つ人気アニメ作品のキャラクターが上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんが好きな銃使いキャラは何位にランク・インしていましたか?

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:3,609票
    調査期間:2020年1月14日2020年1月28日
    アニメ史上最もかっこいい銃使いキャラランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【最新 注目情報 アニメ史上最もかっこいい銃使いキャラランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『鬼滅の刃』『僕のヒーローアカデミア』などが連載中の「週刊少年ジャンプ」。

     

    メインターゲットの少年だけでなく、女性にまで読者層が広がっているのは、魅力的な男性キャラクターが多いことが一因かも?

     

    ということで、ジャンプ作品に登場するキャラクターの中でも「なんて美しいの!」と熱い注目を集めている男性キャラクターを、gooランキングが調査&順位を発表しました!

     

    気になる結果は…?

     

     

    「ジャンプ史上最も「美しい」男キャラランキング」トップ10

     

    第1位に輝いたのは、国民的漫画『ONE PIECE』に登場する美形の海賊「キャベンディッシュ」。「白馬のキャベンディッシュ」なる異名を持ち、登場する際には文字通り白馬に乗って現れるという徹底したイケメンぶりが特徴です。

     

    第2位は、『銀魂』の桂小太郎。幕府から指名手配されている攘夷派のリーダー格であり、「狂乱の貴公子」という異名を持っています。

     

    第3位は、『テニスの王子様』の越前リョーマ。小柄・生意気・ちゃめっ気有りというハイスペック美少年。同作の強敵美男子たちを抑えての上位入りです。

     

     

     

     

    第4位、『幽☆遊☆白書』蔵馬

     

    第5位、『SLAM DUNK』流川楓

     

    第6位、『テニスの王子様跡部景吾

     

     

     

     

    第7位、『銀魂』沖田総悟

     

    第8位、『黒子のバスケ黄瀬涼太

     

    第9位、『北斗の拳』レイ

     

    第10位、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-緋村剣心・『ヒカルの碁藤原佐為

     

     

    11位以降は、『HUNTER×HUNTERクラピカ・『ジョジョの奇妙な冒険ディオ・ブランドーDIOなどがランクインしました。

     

     

    みなさんは”ジャンプ史上最も「美しい」男キャラ”といえば誰を思い浮かべますか?

     

     

    みなさんの思う美しいキャラコメントにて教えてください!

     

     

    gooランキング

    公式サイトhttps://ranking.goo.ne.jp/column/6230/

    公式Twitterhttps://twitter.com/gooranking

     

     

    ジャンプ史上最も「美しい」男キャラランキング発表!『ONE PIECE』キャベンディッシュ・『銀魂』桂小太郎がランクイン


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-image.pf.dena.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【注目 お勧め ジャンプ史上最も「美しい」男キャラランキング発表!『ONE PIECE』キャベンディッシュ・『銀魂』桂小太郎がランクイン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    宇宙戦争を題材にした「ガンダムシリーズでは、主人公たちがガンダムパイロットとして登場します。彼らの多くはニュータイプやイノベイターなど特別な存在として描かれていますが、それ故にパイロットとしても他を圧倒する戦闘能力を有しています。
    そこで今回は、ガンダム作品に登場する主人公の中で最もパイロットとして優れるキャラクターについてアンケートランキングにしてみました。

    1位 アムロ・レイ
    2位 キラ・ヤマト
    3位 シャア・アズナブル
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「アムロ・レイ」!

    1位選ばれたのはシリーズ1作目『機動戦士ガンダム』に登場するニュータイプの元祖「アムロ・レイ」でした。物語には機械いじりが好きで内向的な民間人の少年として登場しますが、偶然乗り込むことになった軍の最新鋭モビルスーツガンダムで見事に敵モビルスーツ2機を撃破した姿は印象的でしたね。
    ニュータイプとして覚醒した後は、その類まれなる才能をいかんなく発揮。彼が操るガンダムは、ずば抜けた機体性能も相まって、敵であるジオン軍の兵士たちから「連邦の白いヤツ」と恐れられるほどでした。

    2位は「キラ・ヤマト」!

    2位には、『機動戦士ガンダムSEED』で主人公を務めた「キラ・ヤマト」が続きました。作中では遺伝子操作によって優れた能力を持つようになった新人類「コーディネイター」として登場するキラ。ガンダムに乗り込むきっかけとなったのは1位のアムロ同様に偶然ですが、秘密兵器であるストライクガンダムのOSを瞬時に書き換えて潜在能力を解放。あっという間に敵モビルスーツを撃破してしまいます。
    もともとコーディネイター自体が身体能力に優れる設定ですが、キラは中でも希少な「スーパーコーディネイター」とされています。最強パイロットの一角に数えられるのも納得ですね。

    3位は「シャア・アズナブル」!

    3位に駆け込んだのは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の主人公シャア・アズナブル」でした。ご存じのとおり、1作目『機動戦士ガンダム』では主人公アムロライバルとして登場し、連邦軍から「赤い彗星」の名で恐れられているシャア
    劇場版機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』も含めてアムロとは何度も名勝負を繰り広げ、「モビルスーツの性能の違いが戦力の決定的差でないことを教えてやる」という名言を残すほどのパイロットであるだけに、その強さは疑うべくもありません。今回の順位も妥当な評価ではないでしょうか。

    ファンの間でも「結局誰なのか?」とたびたび話題になる最強の主人公パイロット。ハイスペックキャラがそろっているだけに、判断が難しいところですよね。気になる4位~27位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが最強だと思ったガンダム主人公パイロットは誰ですか?

    2月10日、記事内容を一部修正させていただきました。

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,451票
    調査期間:2019年12月07日2019年12月21日
    歴代ガンダム主人公で最強のパイロットランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.ytimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 お勧め 歴代ガンダム主人公で最強のパイロットランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    大人になって許せなくなったアニメキャラ

    先日、ガールズちゃんねる「大人になって嫌いになったアニメキャラ」というトピックが立っていた。トピ主は子供の頃『耳をすませば』の天沢聖司が好きだったという。しかし大人になって改めてこの作品を観ると、態度やら、中卒なのにバイオリン職人になるためにイタリアに渡ろうとしていることなどが鼻についたのだという。現実を知って「甘い考えを抱くなよ」とアニメキャラに苛立ったという面白いパターンだ。

    その上でトピ主は「皆さんが子供の頃は好きだったけど、自分が大人になって無理になったアニメキャラも知りたいです」と意見を募っている。(文:松本ミゾレ)


    「ONE PIECEのルフィ。昔は好きだった。今は仲間仲間うるさい」

    実際にトピックを見ていくと様々なキャラクターの名前が挙がっている。その理由とあわせての書き込みをいくつか紹介しよう。

    世界名作劇場の『ピーターパン』。昔は好きで恋していたけど、今見たらクズ過ぎて腹立った。子供の気持ちを忘れてないにしても腹立つ」

    「『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎが私の苦手な女のタイプになった」

    ONE PIECEルフィ。昔は好きだった。今は仲間仲間うるさい

    「『火垂るの墓』の清太。昔はおばさんの方に憎悪があったけど、大人になって改めて火垂るの墓観てたら清太にイライラした。ピンチに陥った時でさえ変に高いプライド抱えて大人を頼ろうとしない。たちが悪いのは節子まで道連れにしてるという点」

    「『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面様。子供の頃は好きだったけど中学生と付き合う大学生ってクソ気持ち悪い

    「『タッチ』の南ちゃん。あれのあざとさはヤバい」

    と、こういう具合に「子供の頃は好きだったけど…」系のキャラについての名前がいくつか挙がっていた。

    特に『火垂るの墓』の清太はたしかに最悪で、でも子供の頃はなんとなく親戚のおばさんヒールに見えてしまうから、僕も上記コメントを書き込んだ人物と同じような心象を抱いてしまっていた。子供って考えが至らないものだし。


    アニメのキャラが急にダメに思えてくるのは成長の証?

    子供というのは、アニメでの描写のごく表面的な部分でしか判断をしない。ルフィに憧れたり、ナルトが好きになるのは当然のことなのだ。そういう演出がなされているのだから。しかし大人になっていくと、人は現実を知る。これを成長するともいうが、スレるとも言う。

    今回の趣旨はあくまでも"子供が見て、好きになる"と"大人になってみると辟易する"の変遷があるキャラだ。ルフィの「仲間」連呼が耳障りになるように。月野うさぎの日常パートの言動にイラっとなったり。そういう、本来キャラの造形に盛り込んでないような部分で嫌いになってしまうというのは面白い話だ。

    もっとも、そんなことで嫌いになられても、アニメを作った側としては「別に大人に気に入られるためのキャラ作りはしていないよ」ってだけの話になるんだろうけどね。子供の頃は好きだったものが嫌になるというのは、人間が成長するごとに寛容さを失っている証左なのかもしれない。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【新着情報 大人になって許せなくなったアニメキャラ 「タキシード仮面様。大学生が女子中学生に手を出して気持ち悪い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    平成最後の年となった2019年に40周年を迎えた人気アニメガンダムシリーズ1979年シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』以降、テレビOVAなどでさまざまなシリーズ作品が誕生しましたが、いずれの作品も主人公が自らの置かれた境遇や周囲との人間関係に苦悩する姿が印象的でしたね。
    そこで今回は、ガンダム作品に登場する主人公の中でも特にメンタルが弱そうなキャラクターについてアンケートランキングにしてみました。

    1位 アムロ・レイ
    2位 カミーユ・ビダン
    3位 シン・アスカ
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「アムロ・レイ」!

    1位には、少年時代ならではのナイーブさを「これでもか!」と作中で振りまいた『機動戦士ガンダム』の「アムロ・レイ」が選ばれました。
    公式設定で「機械いじりの好きな内向的な少年」と書かれるほど人とのコミュニケーションが苦手なキャラクターですが、ふとしたきっかけで最新鋭モビルスーツガンダム」のパイロットとなってしまい、戦争の大きな渦に巻き込まれていきます。
    軍艦ホワイトベースの一員として戦争に参加することで、自身を取り巻く人々とのあつれきが生まれ、時には彼らの死にも直面することになるアムロ。作中では、そんな時に見せる人間としての弱さもリアルに描かれていますが、それ故に視聴者にとっては忘れがたく、印象的なキャラクターとして記憶されているのかもしれません。

    2位は「カミーユ・ビダン」!

    2位に続いたのは、1985~1986年に放送されたシリーズ2作目『機動戦士Zガンダム』の主人公カミーユ・ビダン」でした。
    内向的で普段はおとなしい「アムロ・レイ」とは異なり、歴代主人公の中でも飛び抜けた気性の荒さ、生意気さを有するキャラクターで、名前が女性のようだとバカにした軍人(ジェリド・メサ)に殴りかかる、横暴な態度をとったMP(憲兵)に仕返しを目論むなど、正気とは思えない行動を取っています。
    臆することがないという意味では「メンタルが強い」とも考えられますが、何か起きた際に冷静な対応ができなくなるという点で、やはり「メンタルが弱い」と評価するのが適切なキャラクターなのかもしれませんね。

    3位は「シン・アスカ」!

    3位にランク・インしたのは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公(?)「シン・アスカ」です。
    シリーズを見続けているコアな視聴者にとっては、『機動戦士ガンダムSEED』続編の主人公として登場しながら、物語が進むにつれて前作の主人公キラ・ヤマトに活躍の場を奪われていく不遇なキャラクターとしてもおなじみですね。
    2008年サンライズが運営するガンダム情報サイトGUNDAM.INFO」が行った「ガンダム国勢調査」で子どもっぽい主人公の1位に選ばれるなど、メンタルの未熟さを指摘されることも多いだけに、今回の結果に納得している人も多そうです。

    もともと主人公にパーフェクトメンタルキャラクターが選ばれることのないガンダムシリーズですが、今回上位入りを果たした3人は、そんな中で突出したメンタルの弱さを誇るキャラクターばかりでしたね。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが最も「メンタルが弱い!」と思ったガンダム主人公は誰ですか?

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:1,942票
    調査期間:2019年12月02日2019年12月16日
    【ガンダム】メンタル最弱主人公ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ガンダム】メンタル最弱主人公ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    週刊少年ジャンプ』といえば少年向け漫画誌というイメージが強いですが、実は女性読者が多いことでも知られています。この女性読者人気の要因となっているのは、やはり魅力的な男性キャラクターではないでしょうか。
    そこで今回は、ジャンプ作品に登場するキャラクターの中でも「なんて美しいの!」と熱い注目を集めている男性キャラクターについてアンケートランキングにしてみました。

    1位 キャベンディッシュ
    2位 桂小太郎
    3位 越前リョーマ
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「キャベンディッシュ」!

    1位には、国民的漫画『ONE PIECE』に登場する美形の海賊「キャベンディッシュ」が輝きました。「白馬のキャベンディッシュ」なる異名を持ち、登場する際には文字通り白馬に乗って現れるという徹底したイケメンぶりが特徴。美形キャラ定番のナルシストではありますが、救ってくれた相手への協力を惜しまない、仲間と認めた相手には義を通すなど、「実はいいヤツ」なところに人気の理由がありそうです。
    眠っている間に強力・凶悪な別人格が現れて大暴れする作中屈指のユニークな能力を備えているので、今後の活躍にも期待したいですね。

    2位は「桂小太郎」!

    2位の「桂小太郎」は、『銀魂』で主人公坂田銀時幼なじみとして登場するキャラクター。幕府から指名手配されている攘夷派のリーダー格であり、「狂乱の貴公子」という異名を持っています。
    スラリとした体つきに長い髪、整った顔立ちで間違いなく美形に分類されるキャラではありますが、度を越した真面目な性格ゆえに突拍子もない発言をしたり行動を取ったりと、実は作中随一のボケ担当としておなじみです。
    相棒である謎の宇宙生物・エリザベス共々、作品のギャグパートには欠かせない人物と言えるでしょう。

    3位は「越前リョーマ」!

    主人公キャラとして唯一の上位入りを果たしたのは、『テニスの王子様』の「越前リョーマ」でした。
    ずば抜けたテニスの才能を備え、どんな強敵にも臆することなく挑んでいく主人公として人気のキャラですが、小柄・生意気・ちゃめっ気有りというハイスペック美少年っぷりも見逃せないポイント
    作中には彼以外にも先輩の手塚国光不二周助ライバル校のテニス部部長・跡部景吾などこれでもかと美しい男たちが登場しますが、そんな強敵美男子たちを抑えての上位入りは「さすが主人公!」といったところでしょうか。

    少年漫画誌の美形キャラは、主人公の恋のライバルなど嫌われ役で登場するケースも多いですが、上位入りした3名はいずれも好感度が高いキャラばかり。今回の結果も納得ですね。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:3,197票
    集計期間:2019年12月21日2020年1月04日
    ジャンプ史上最も「美しい」男キャラランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.aucfree.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 注目情報 ジャンプ史上最も「美しい」男キャラランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アニメや漫画の世界では、しばしば「え、どうしてこの名前に?」と驚いてしまうキャラクターが登場します。一見ふざけているようで実は深い意味があったり、単なるウケ狙いだったりと名前が付けられた理由はさまざまですが、いずれにしても「ひどい!」という点には代わりがありません。
    そこで今回は、アニメ・漫画の登場キャラクターで「これはひどい!」と思った名前のキャラクターアンケートランキングにしてみました。

    1位 ボボボーボ・ボーボボ
    2位 ウヨッカー/サヨッカー/マンナッカー
    3位 ワレラ/ロリー/コンダ
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「ボボボーボ・ボーボボ」!

    1位には『週刊少年ジャンプ』で連載されていた人気漫画『ボボボーボ・ボーボボ』の「ボボボーボ・ボーボボ」が選ばれました。
    作品のタイトルにもなっている「ボボボーボ・ボーボボ」は、なんと主人公の名前。一見しただけでは意味不明ですが、舞台となる地球が全国民をボーズ(坊主頭)にしようとする悪のマル・ハーゲ帝国に支配されていること、主人公がそんな世界に突如として現れた「鼻毛真拳」の使い手であることを考えると、「毛がボーボー…なるほどそういうことか!」と納得できるのではないでしょうか。

    2位は「ウヨッカー/サヨッカー/マンナッカー」!

    2位に続いたのは、1980年代に放送されたアニメ黄金戦士ゴールドライタン』で敵役として登場する幹部トリオ「ウヨッカー/サヨッカー/マンナッカー」でした。
    個別に見ただけでは気付きにくいですが、並べてみると「右翼/左翼/真ん中」をもじった名前であることは一目瞭然ですね。この3人の中でも特にふざけた名前なのが女幹部のマンナッカーですが、作中では意外にも重要なポジションキャラクターとして知られています。メカながらも人間に化けてミスコンテストに参加したり、主人公のヒロと行動を共にしたりとメインで登場する回も用意されており、彼女が登場するのを楽しみにしているファンも多かったのだとか。

    3位は「ワレラ/ロリー/コンダ」!

    3位には、名作ロボットアニメ超時空要塞マクロス』に登場する3人組、コードネーム「青い風」こと「ワレラ/ロリー/コンダ」がランク・インしました。
    作中では人類と敵対する巨人種族・ゼントランの偵察要員として9話「ミス・マクロス」から登場し、マイクローン化(人類と同じ大きさに変化)して偵察のためにマクロスへと潜入することになります。マクロスではゼントランが人類の文化に影響を受けて変わりゆく姿が大きなテーマとして描かれますが、そのキーポイントとも言うべきエピソードに登場することもあり、ネーミングのひどさも含めて印象深いキャラクターでしたね。

    この他にも「ブタゴリラ」や「ウンコティンティン」など、口にするのがはばかられるキャラ名が並んだ今回のランキング。「なんてキャラ名を付けるんだ!」と思いつつも、インパクトのすごさについては認めざるを得ない人が多いのではないでしょうか? 気になる4位~38位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どのアニメ・漫画のキャラクター名がひどいと感じましたか?

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,531票
    調査期間:2019年11月22日2019年12月06日
    どうしてそうなった!ひどすぎるアニメ・漫画のキャラ名ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 japan-anime-song.com)





    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】どうしてそうなった!ひどすぎるアニメ・漫画のキャラ名ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    1 衛星軌道中立隊 ★


    (出典 www.gundam.jp)

    TVシリーズが放送開始されて今年で40周年を迎えたガンダムシリーズ。
    ここまで人気を博した理由の一つに、主人公機であるガンダムを含むモビルスーツ(戦闘ロボット)の多彩さがあるのではないでしょうか。
    ファンの間では、歴代モビルスーツでどれが強いか、どれがかっこいいかなど議論は尽きませんが、時にはどれが弱いのかといった話題があがることも。
    そこで今回は、一番弱そうなガンダムシリーズのモビルスーツについてアンケート、ランキングにしてみました。

    1位 ボール(RB-79)
    2位 ザクI/旧ザク(MS-05)(弟)
    3位 ジム(RGM-79)

    1位は「ボール(RB-79)」!
    『機動戦士ガンダム』で、主人公のアムロ・レイが所属する地球連邦軍の簡易版モビルスーツ、「ボール」。
    敵国であるジオン軍との決戦に備え、戦闘用ではない宇宙空間用の作業ポッドを改造したもので、数を確保するためとにかく簡略化されてできた機体。
    そのため、兵士たちからは「丸い棺桶」などと揶揄(やゆ)され、視聴者の記憶にも「一番弱そう」と植え付けられてしまったようです。
    ただ、一機一機は強くないようですが、集団戦を得意としており、「ボール」の活躍もあって地球連邦軍を勝利へと導くことになりました。

    2位は「ザクI/旧ザク(MS-05)」!
    2位には「旧ザク」とも呼ばれる「ザクI」がランク・イン。ジオン軍において、最初に実用化されたモビルスーツで、
    地球連邦軍との緒戦では大きな戦果を挙げていましたが、後継機である「ザクII」が登場すると「ザクI」はやや時代遅れのモビルスーツに。
    アニメ第3話では、「ザクI」に搭乗したガデムがガンダムに戦いを挑もうとした際、シャアが「貴様のザクでは無理だ」と止めるが聞かず、
    まだ操作に不慣れなアムロが搭乗するガンダムに簡単に撃破されてしまいました。

    3位は「ジム(RGM-79)」!
    続いては同じく『機動戦士ガンダム』に登場する地球連邦軍の「ジム」となりました。ガンダムをベースに産み出された量産型モビルスーツで、
    ビーム・スプレーガンなど、ガンダムの試作経験を活かした兵器を装備する、かなり高性能なモビルスーツ。
    TVアニメ版『機動戦士ガンダム』の終盤では、1位の「ボール」と共にジオン軍陣地に大量投入、結果勝利へと導く活躍をするのですが、
    数が多いだけにやられるシーンもたくさんあり、弱い印象がついてしまったようです。
    このように、上位にはガンダムシリーズの最初の作品『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツが占める結果となりました。
    気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6261/ranking/52028/

    あなたにとって、一番弱そうと思うモビルスーツはどれですか?

    イカソース
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6261/


    【【話題】お勧め 【ガンダム】登場しても即退場!一番弱そうなモビルスーツランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ