アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

    イラスト



    1 しじみ ★

    「企業からイラスト作成を発注されたが、提示された価格は安すぎないだろうか」──SNSなどで、イラストレーターからこんな声が時折上がっている。客観的に、イラストの工数や価格を評価できないか。こんな要望を叶えるシステムを、コンテンツ制作会社がAI(人工知能)で試作した。

    ■「塗り方」「描き込み量」「難易度」「価格」 AIが評価


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    このシステムに、食べ物を持った女の子のイラストを入れてみる。すると、AIが数秒かけてイラストを解析し、「水彩塗り」「ギャルゲ塗り(※)」といった塗り方の割合判定や、背景画像の比率、描き込み量、制作難易度、総合スコア、想定制作価格を提示してくれる。

    ※展示のデモでは、ローカルマシンに推論プログラムを置いて数秒かけて計算させた(左)、他のイラストを評価した例(右) 背景がない、塗り方が主にアニメ塗りなど判定されている
    厚塗り

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ※背景がある厚塗り系のイラストは見積もり金額が高く算出された(左)、スマホゲーのイベントCGに使われそうなイラストも10万円を超える(右)

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    イラストの価格をAIで評価するシステム「アートディレクターAI」を作ったのは、ゲームメーカーなどからコンテンツを受託制作するジーアングル(東京都渋谷区)。版権イラスト制作などで、年間1200件の制作実績があるという。

     同社の森宏晃執行役員は、「イラスト制作の仕事を非常に多く受けることから、価格を適正に判断できるディレクターの業務量が膨大になっている」と現場の課題を語る。「これを機械化することで見積もりから受注までのフローを円滑にできないか」(同)というのが、アートディレクターAIのコンセプトだ。

     アートディレクターAIの作成には、自社で制作したイラストに、価格情報や、ディレクターやイラストレーターの知見をタグ付けしたものをデータセットとして用意。既存の機械学習モデルに用意したデータベースを学習させた。開発作業は森執行役員がほぼ1人で、数カ月掛けて行ったという。

     「われわれのようにAIの専門企業でなくても、手軽に精度の高いAIシステムを作れる時代が来ている」

    アートディレクターAIがイラスト制作にかかる工数などを計算することで、ディレクターが不在であっても、営業が取引先メーカーに、制作価格や価格の根拠となる工数や難易度を説明できるようになるのが利点だ。

     また、AIが計算した価格は「最低価格」であり、取引先の要望などをヒアリングすることで最終的な価格を決定するともしている。価格基準をAIで示しておくことで、安すぎる価格で受注してしまうことを防ぐ狙いもある。

    ■社外での活用は検討中 前向きな考え

     数カ月という急ピッチで開発したことから、社内以外の活用方法は今後の検討としている。社外の反応を見るために、「AI・人工知能EXPO」(東京ビッグサイト、4月3日~5日)に参考展示したところ、関心を持ってくれる人も多いという。

     今後の展開はあくまで未定としつつ、「イラストをスコア順に並べてみたい。(「pixiv」などのイラスト投稿プラットフォームでは)閲覧数やいいねの多さがランキングになってしまうが、アートディレクターAIのスコアで並べれば、無名の作家でも上位に表示できるのではないか」(森執行役員)と社外の活用に前向きな姿勢を見せた。

    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/03/news119.html


    【【イラスト】「このイラスト、価格はいくら?」 AIがプロ目線で見積もり「塗り方」「描き込み量」「難易度」「価格」 AIが評価】の続きを読む



    1 しじみ ★

    フリー素材サイト「いらすとや」に、新元号「令和」に関するイラストが追加された。政府は4月1日午前11時40分ごろに新元号を発表。正午過ぎにはイラストが追加されたため、Twitterでは「仕事が早い」「早すぎて草」などのリプライが殺到。公式アカウントの投稿は、午後0時50分時点で3万RTを超えた。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    追加されたイラストは、「元号の説明をする人のイラスト(令和)」「元号を発表する人のイラスト(令和)」「元号を掲げる人のイラスト(令和)」の3種。新元号について説明した安倍晋三総理大臣と、新元号を発表した菅義偉官房長官と思われる人物がイラスト化されている。

     他にも「平成に作られたコンピューターのシステムのイラスト」「平成に作られた書類のイラスト」などを追加した。

    https://twitter.com/irasutoya/status/1112551644942733313

    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/01/news094.html
    (deleted an unsolicited ad)


    【【話題】いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題】の続きを読む


     4月1日に発表された新元号「令和(れいわ)」――字面や語感、採用の理由にさまざまな感想が飛び交う中、Twitterpixivでは「令和」を擬人化したイラストが続々と投稿されています。21世紀の改元ならではの盛り上がり。

    【画像】いろんな令和ちゃんと令和くん

     令和ちゃん、と女の子擬人化したイラストに多いのは、振り袖はかま姿に梅の花をモチーフに取り入れたデザインです。今回の「令和」の典拠は日本最古の歌集「万葉集」で、梅花の歌の序文から引用。また「和」という漢字も日本を指すことから、日本の伝統衣装をベースに、柄や髪飾りなどで梅の花をあしらったデザインが多々見受けられます。

     男の子の令和くんの場合、はかま姿の他に学ラン姿も目立ちます。元号で初めて使われた漢字「令」にクールな印象を受けたのか、仏頂面や不敵な笑み、髪の色も黒や青、深緑……と落ち着いた雰囲気の令和くんが多く描かれていました。

     投稿者からは擬人化した理由について「『令和』って綺麗な響きについ擬人化したくなってしまいまして」「とても素敵な響きだったので」と、語感にインスパイアされたという声が散見されます。また他の擬人化を見て自分も描きたくなったという絵師も数多く、「抱いたイメージ擬人化して披露し合う」文化が定着したインターネットならではの改元ムーブメントを見せています。

     令和の擬人化バリエーションは上記に限らず、緑のミドルヘアにカットソーを着た令和ちゃん、IT大好きな元気っ子の令和くんなど、現代っ子風なものまで実にさまざま。中には擬“獣”化したものまで。イラストハッシュタグ「#令和ちゃん」「#令和くん」「#令和擬人化」などに集まっているので、自分の抱いた「令和」像にぴったりなキャラクターを探すのも楽しいかもしれません。

    みつはしたえこさん(@mitsuhashi_t)の令和ちゃんは、和装と梅花を踏襲しつつも魔法アニメのヒロインのようなファンシーさが


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【これが21世紀の改元だ 「令和」の擬人化イラスト、SNSで白熱 いろんな令和ちゃんと令和くん現る】の続きを読む


    もはや見かけない日はないのではないか。イラストレーター・みふねたかしさんが運営するフリー素材集サイトいらすとやのことだ。あの柔らかなタッチの可愛らしいイラストは、今日も様々な場所で使われている。

    それと同時に、まったく用途が分からないイラストも公開しがちな「いらすとや」。去年、尿路結石をイラスト化しているのを見た時はさすがに震えたものだ。そして今回、またしても謎のイラストが誕生してしまった。そう、水を吐くフグイラストである。いや何用だよ!

    ・謎のイラスト

    そもそもフグのイラスト自体使いどころがまるで分からないのに、水を吐くフグとなるともはや意味不明である。一体どんなシチュエーション「水を吐くフグのイラストないかなぁ……」となるのだろうか? 謎極まりない。

    公開されたイラストには、口を開けたフグが真顔(?)で水を吐き出している様が描かれていた。

    そこに添えられた作者からのコメントは以下の通り。

    「体を大きく見せるために吸い込んだ海水を吐き出しているフグのイラストです。」

    だから何用だよ! 誰がどういう意図で使うんだよ!! しかし、「いらすとや」のTwitterを見た私(あひるねこ)はこの後、目を疑うような光景にブチ当たる。2019年3月14日現在、水を吐くフグの公開をお知らせする投稿はなんと……。

    1万5000リツイート

    ・バズりすぎ

    バ、バカな……。一体どういうことだ? 水を吐くフグのイラストを求めている人が、こんなに多くいるというのか……? 理解が遠く及ばない事象に遭遇し、私の精神は崩壊しかけた。が、調べてみると、これにはどうやら理由があるようだ。

    ・元ネタがあった

    先日、東京新聞コーナー「親子で学ぶぅ」の公式Twitterアカウントが投稿した、毒を持たない養殖フグの記事。実はそこに載っていたのが、水を吐くフグの写真だったのだ。その画像の何とも言えない破壊力によってツイートは拡散。そう、「いらすとや」の件のイラストは、このフグのパロディだったのである。

    ・謎が解けた

    なるほど、それでバズッてたのか。よかったぁ、もうインターネットについていけないかと思ったぞ。いらすとや」も「いらすとや」で仕事が早いというか何というか……。さすがとしか言いようがない

    とにかく、今後もし水を吐くフグのイラストが必要になった場合は安心してほしい。もうあるからな。各自、利用規定の範囲内で存分に活用してくれ!

    ※追記(2019年3月15日)

    今見たら2万1000リツイートになっていました。現場からは以上です。

    参照元:いらすとやTwitter @irasutoya
    執筆:あひるねこ

    画像をもっと見る

    【話題】いらすとや、今度は「水を吐くフグ」をイラスト化! 何用だよ!! → 1万5000リツイート


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【話題】いらすとや、今度は「水を吐くフグ」をイラスト化! 何用だよ!! → 1万5000リツイート】の続きを読む



    1 衛星軌道中立隊 ★

    お笑いコンビ・千鳥が「ジブリ風」のイラストに――? そんなツイートがいま注目を集めている。


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    Jタウンネット編集部は2019年3月4日、岡山県公聴広報課の担当者に話を聞いた。そもそもこのポスターはどうして作られたのか聞くと、
    「昨年度から『ハレウッド俳優オーディション2018』という企画を実施しているのですが、その一環で映画風のポスター動画を作ろうということで千鳥のお2人が登場されています」

    担当者によれば、話題の手提げ袋は19年2月28日から3月2日まで開催されていた「東京マラソンEXPO 2019」の出展にあたり制作されたものだという。
    一番目を引くのではないかということで4バージョンの中からアニメ映画風が選ばれ、配布された。

    しかし、

    「ほかでは配っていないんです」

    と担当者。なんと「東京マラソンEXPO 2019」のみの限定配布ということで、3日間に配布した 4500部以外は現時点では岡山県内であっても入手できないようだ。今後の配布に関しては未定だという。
    一気にレア度が増した幻の手提げ袋。せめて県内だけでも配ってほしいものだが...。

    イカソース
    http://news.livedoor.com/article/detail/16110252/


    【【話題】千鳥ノブ&大悟が「ジブリ風」に!? 岡山県公式イラストの「クセがすごい」】の続きを読む


    ディースリー・パブリッシャーは、剣戟アクションゲームお姉チャンバラシリーズの最新作となるPS4ソフトお姉チャンバラORIGIN」を2019年に発売すると発表した。

    【大きな画像をもっと見る】

    お姉チャンバラORIGIN」は、剣戟アクションゲームお姉チャンバラシリーズの原点である「THE お姉チャンバラ」と「THE お姉チャンバラ2」にあたるエピソードフルHD化。さらに、彩と咲という憎しみ殺しあう異母姉妹を描いた物語に新たな解釈を加えるほか、メインキャラクターデザイナーにエナミカツミ氏が起用されている。

    今回、本作の登場人物や屍霊と呼ばれる生ける屍たちの情報が到着したので、ご紹介しよう。


    -STORYそれは屍霊がはびこる世界で起こった姉妹の物語。
    西暦20XX年、東京。

    それは屍霊と呼ばれる生ける屍がはびこる荒廃した時代。
    剣術を生業とする血族の末裔に腹違いの姉妹がいた。

    父親と二人暮らしの姉は、厳しい父に鍛えられ、剣術に明け暮れて育った。
    母親と二人暮らしの妹は、優しい母と自分を捨てて姉だけをつれて家を出た父を憎んで育った。

    やがて父が行方知れずとなり、一人になった姉は剣術を活かし屍霊ハンターとなった。
    最愛の母を何者かに殺され、一人になった妹は屍霊を操り、狂気に満ちた復讐者となった。

    唯一の血縁者である妹を探しだそうとする姉。
    唯一の母を太古より伝わる秘法を用いて蘇らせようとする妹。
    その秘法には血縁者の心臓が必要であるという…。

    そう、妹が復讐を誓った相手は姉。

    恩讐と陰謀が渦巻く中、姉妹の戦いがはじまる。

    主人公の姉「彩」①
    あたしの邪魔をするなら……ぶった斬る!」 CV:日笠陽子
    ▲エナミカツミ氏イラスト

    古来から暗殺業を生業としていた「忌血」の一族を継ぐ美しき女剣士。天性のずば抜けた剣術の才能を持つ。
    幼き頃より剣術の達人である父親「朧」と二人で暮らし、日々厳しく鍛えられてきた彩は若くして父親と同等の力を得るまでに成長した。
    そんなある日、別れて暮らす継母「椿」が何者かに虐殺されたと知った父「朧」は姿を消し、行方知れずとなった。
    1人残された彩は、 屍霊討伐の情報屋だという「レイ」と名乗る女からの接触を受け、屍霊ハンターとして活動を開始する。
    屍霊を倒し続けていれば、いつかは父「朧」に、さらには腹違いの妹「咲」に辿りつけるのではと考えたためである・・・。


    主人公の姉「彩」②

    忌血の一族である彩は、屍霊の返り血を浴びることによって身体に流れている忌血の封印を解き、戦闘能力が著しく上昇する「暴走」と呼ばれる状態になることができる。そのため、まるで水着のような肌の露出の高い戦闘服をあえて着用している。派手な見た目と、ウィットに富んだ話し口調が特徴ではあるが、その裏腹に常に冷静な目で周囲を見ており、鋭い洞察力を持つ。


    主人公の姉「彩」③
    剣術の達人だけあって、一刀流、二刀流とも使いこなし、刀での攻撃が多彩。さらに鍛えられた脚を使った攻撃にも長けており多彩な蹴りが可能。 クナイなど飛び道具も使う。

    ■一刀攻撃

    ■二刀攻撃

    ■蹴り技

    飛び道具

    ■敵対する妹「咲」①
    「お前、お母さんのために死んでくれる?」CV:五十嵐裕美
    ▲エナミカツミ氏イラスト

    彩の異母妹。幼き頃、父「朧」が彩をつれて家を出たため、母一人子一人で育った咲にとって、優しい母親の「椿」だけが唯一の心の支えであった。しかし、ある日、母は何者かに命を奪われ、咲は心のよりどころを失ってしまう・・・。
    最愛の母を殺したのは自分と母を捨てた父親、そして腹違いの姉「彩」であると知った咲は、復讐を決意し剣の腕を磨く。


    ■敵対する妹「咲」②

    さらに咲は、太古の秘法を使えば、母を蘇らせる術があることをも知る。そのためには、より濃い血を宿した忌血族の生きた心臓が必用であった。咲は屍霊を呼び起こし使役する能力を用いて、彩をおびきだそうと画策する・・・憎き彩の心臓を奪い母を蘇らせるために。

    咲の待つ地下神殿へ単身乗り込む彩。そしてついに対峙する姉妹。いよいよ決着をつける時が来たようだ

    情報屋「レイ」
    あたしにも姉妹いるけどさー、姉妹って面倒じゃない?」CV:小林ゆう
    ▲エナミカツミ氏イラスト

    屍霊ハンターの同業者であり、情報屋として彩にコンタクトしてきた女性。
    彩に屍霊発生の情報を与えて討伐させる代わりに、彩の家族の情報を提供する間柄で、いわゆるビジネスパートナーである。彩に対して通信でいろいろと指示をする。
    素性についてはほとんど不明で謎の多い人物。
    ただし、レイにも姉妹はいるらしい。

    ■『忌血(いみち)』とは?
    発祥は、古代の日本にまで遡る。 暗殺を生業としていたある一族が、体内の血液をより活性化させるという自己練磨の技法を使い続けるうち、突然変異的に誕生した。最初に「忌血」を体内に宿した(誕生させた)のは、一族の長の姉妹であったとされる。「忌血」は、保有者の心身を過剰に刺激することで、常人の何倍もの運動をこなすことを可能とする。

    姉妹は、自分たちの特殊な血を誕生させた技法を再現しようとしたが、被験体となった一族の男性は、術後にことごとく発狂してしまい、何らかの抗体をもっていた一部の女性のみでしか成功を収めず、残りは死亡してしまった。このときの悲劇が、血の名称を「忌血」と定めることになる。

    以後、一族は「忌血族」を名乗り、最も濃い血を得ている始祖(姉妹)の血縁を本家とし、擬似的に、始祖(姉妹)とほぼ同様の血を受け継いだ者たちは分家と定められる。分家はその後、本家を超える血を生み出そうと躍起になるが、ある事件を機に本家によって断罪され、結果として一族の縮小化に繋がってしまう。

    敵:屍霊
    『屍霊(しりょう)』とは、地中にこもる負のエネルギーが、人のような形を模したもの。その姿や性質は、伝奇に語られる「ゾンビ」とほぼ相違ない。生身の人間が屍霊の体液を取り込んでしまうと、体内の細胞が屍霊のそれに置き換えられ、新たな屍霊となってしまう。屍霊は、一般人にとっては災厄に他ならない。忌血族の中でも高度な技法者は、自由に屍霊を創り出し、好きな姿の屍霊を配下として従えることができた。咲がどのようにしてこの技を取得したかは不明だが、数々の屍霊をあやつり彩をおびき出そうとする。


    屍霊たち①
    屍霊(ゾンビ
    墓場など遺体が眠る地から、屍霊として甦ったごくふつうの男性と女性。咲の命令に忠実に動く。生前の記憶を元に、稀に人間のような台詞を言うこともあるが、自我は完全に崩壊しているため特に意味は持っていない。


    マッドマン
    改良された特殊な屍霊。身体の中心にある核を壊されたり、忌血族の暴走の攻撃によっては死ぬが、それ以外の攻撃をすべて受け付けない特殊な能力を持っている。


    ■屍霊たち②
    警官ゾンビ
    屍霊として甦った警察官。拳銃を保持しており、射撃してくる。稀に人間のような言葉を発することもあるが、警官であった過去の記憶はなく、自我は完全に崩壊している。


    マーダ
    日本で戦死した陸軍たち(出身は問わず)が眠る地から、屍霊として甦った。咲の命令に忠実に動く。生前戦っていた時の記憶が残っているためか、その戦闘能力は高い。


    ■屍霊ボス
    泥武陀(Devda)
    謎の組織が、体格の大きい一般男性から作り出した屍霊。5メートルほどの巨大な体を持つ。元人間から作成しているため言葉を稀に発することもあるが、自我は完全に崩壊している。欠陥部分があれば改良を重ねられている。身体に組織のシンボルが刻印されている。


    杏(Anzu)
    忌血族同士の戦いに巻き込まれ、死亡していたが、秘術によって蘇った忌血族の少女。蘇ってからは生きた血肉を食べたい食人衝動に駆られている。過去の記憶はほとんど抜け落ちているが、ある人物のことだけはよく覚えている。


    【商品情報】
    お姉チャンバラORIGIN
    ・発売日:2019年発売予定
    ・価格:未定
    ・対応プラットフォーム:PlayStation 4
    ジャンル :ハイスピード血みどろ剣戟アクション
    ・対応人数:1人
    CERO:審査予定(「Z」予定)
    ・開発:株式会社タムソフト
    ・発売:株式会社ディースリー・パブリッシャー

    ©2019 TAMSOFT ©2019 D3 PUBLISHER
    >> PS4「お姉チャンバラORIGIN」、2019年発売決定! 憎しみ殺しあう異母姉妹を描いた物語のすべてが明らかに の元記事はこちら
    PS4「お姉チャンバラORIGIN」、2019年発売決定! 憎しみ殺しあう異母姉妹を描いた物語のすべてが明らかに


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【PS4「お姉チャンバラORIGIN」、2019年発売決定! 憎しみ殺しあう異母姉妹を描いた物語のすべてが明らかに】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★

    2019/1/29 NEWS, イベント
    電撃文庫刊『はたらく魔王さま!』の著者・和ヶ原聡司氏を特別講師に招いて行われる「N高ライトノベル作家授業」のニコニコ生放送が、2019年2月2日(土)に配信されることが決定した。本授業では第17回電撃小説大賞《銀賞》受賞作家でもある和ヶ原聡司氏が初めて高校生向けに教鞭を執り、N高生が事前に提出した小説に直接目を通した同氏が番組内でアドバイスするほか、
    自身の経験をもとに小説執筆のテクニックや作家デビューに必要なことなど、作家を目指す人だけでなく、和ヶ原聡司作品ファンの方にとっても楽しめる内容でお届けする。通常はN高生だけが受講できる限定講座だが、今回の授業は特別公開授業として「ニコニコ生放送」でも期間限定で一般視聴することが可能となる。



    (出典 ln-news.com)



    N高 ライトノベル作家授業「『はたらく魔王さま!』和ヶ原聡司先生に作家について教えてもらおう」
    配信日: 2019年2月2日(土) 19:00~
    出演: 和ヶ原聡司(作家)、平井啓祐(電撃文庫編集部)
    視聴URL(N高): https://www.nnn.ed.nico/lessons/482528586
    視聴URL(ニコ生): http://live2.nicovideo.jp/watch/lv318011210


    本特別授業はN高ネット課外授業のひとつである「エンタテインメント授業」として行われ、同授業では電撃レーベルで活躍するクリエイターを講師に迎え、小説・イラスト・コミック・ゲームなどをテーマにエンタテインメントを学ぶ授業を実施している。

    http://ln-news.com/archives/87367/post-87367/
    ©和ヶ原聡司/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:029


    【【配信】 『はたらく魔王さま!』の和ヶ原聡司氏による「N高ライトノベル作家授業」のニコ生一般配信が決定】の続きを読む

    このページのトップヘ