アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください



    1 朝一から閉店までφ ★

    2019年05月03日 アニメ ゲーム
    アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を手がける平川哲生監督

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     1996年にPCゲームとして発売された人気ゲームが原作のテレビアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」。原作ゲームが発売されたのは20年以上前だが、後のゲームやアニメなどに影響を与え、“伝説のゲーム”とも呼ばれている。アニメを手がける平川哲生監督は、当時の空気感を大事にしたかったといい「原作の多くの部分は変えていません。可能な限り原作をそのまま描きたい」という思いから、原作ゲームの膨大なテキストを読み込み、分解、再構築した。平川監督に伝説のゲームを今、アニメ化する意味や制作の裏側を聞いた。

     ◇伝説のゲームの影響 今、アニメ化する意味

     「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」は、プレーヤーがさまざまに分岐した並列世界を探索し、その奥に潜む謎に迫る。1996年発売のPC版が発売されて人気となり、セガサターンにも移植された。2017年にはPS4、PSVita向けにキャラクターデザインやキャストを一新したリメーク版が発売され、リメーク版を元にテレビアニメ化されることになった。平川監督はかつて、セガサターン版をプレーし、衝撃を受けたという。

     「私がプレーした時にはすでに伝説になっていました。SF、科学、オカルト、歴史、恋愛、謎解き、ファンタジーとさまざまな要素が複雑に混ざりあった作品で、ゲームシステムとシナリオの連動や、並列世界仮説の時代の先取りも含めて、歴史に残る大傑作だと私は思っています。原作は異世界編と呼ばれる後半部分が未完成のままなのですが、しかし未完であるがゆえにカルト的な人気を誇ったのもうなずける内容でした。原作の魅力は、なんといっても菅野ひろゆきさんのテキストの魅力に尽きます。不思議とくせになるテキストなんですよね。ちょっとした小ネタとかが面白かったり」。

     96年の発売から20年以上たつが、いまだに伝説のゲームとして語り継がれている。しかし、時代は変わり、アニメやゲームを取り巻く状況も変わった。平川監督は今、アニメ化する意味をどのように考えているのだろうか?

     「古典の現代的意義は視聴者がそれぞれに発見するものだと思いますが……。あえて制作側から言うなら、後に派生作品を生み出した原作の古典的な魅力と、それを現代的な解釈と技術でアニメーション化していることです。原作ゲームが発表された96年頃にアニメ化していたら、表現上のポリティカル・コレクトネスは時代なりのゆるいものだったでしょうし、映像面では3Dなどが使えなかったでしょう」。

     ◇当時の空気感を大事に A.D.A.M.S.は…
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
     https://mantan-web.jp/article/20190502dog00m200031000c.html


    【【アニメ】 この世の果てで恋を唄う少女YU-NO:伝説のゲームを今、アニメ化する意味 制作の裏側 「可能な限り原作をそのまま描く」】の続きを読む


    声優の三森すずこ4月12日新日本プロレスオカダ・カズチカとの入籍を発表した。


    三森はこの日、公式ブログを更新し、「私事で恐縮ですが、この度、新日本プロレスオカダ・カズチカさんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と発表。

    そして「人としてまだまだ未熟な私ですが、私の母のように、明るく楽しく温かく家族を支える女性になれるよう努めていきたいと思います。そして、表現者・三森すずことしては、これからも変わらず精進し続け、さらなる高みを目指していきたいと思います」とつづっている。

    また、オカダもTwitterを更新。「私事ですが以前よりお付き合いさせて頂いていた三森すずこさんと入籍したことをご報告させて頂きます。レインメーカーとして“幸せの雨”を家庭に降らせることができるようお互いに協力し合いながら、プロレス界にも変わらずに“カネの雨”を降らせ続けていきますので、今後とも宜しくお願い致します」と報告している。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【三森すずことオカダ・カズチカが入籍】の続きを読む



    1 ひかり ★

    脚本家で映画監督の西田征史氏(43)が、29日夜にFm yokohamaで放送された、DJを務める「ためになるラジオ」(金曜午後10時)最終回で、2011年に放送され、社会現象的な人気を呼んだアニメ
    「TIGER&BUNNY」続編の脚本、シリーズ構成を担当していることを明らかにした。続編の制作は18年1月に始動することが発表されていたが、詳細は明らかにされていなかった。

    西田氏は番組の最後に「『TIGER&BUNNY』続編の脚本、シリーズ構成を担当させていただいております」と明かした。その上で「去年の1月に続編制作の発表は既にされているんですが、キャスト、
    スタッフ、放送時期など全てがまだ伏せられたままだったんですけども、この番組が最終回ということでプロデューサーサイドが『じゃあ、書いているという情報は解禁しても大丈夫ですよ』と
    言ってくださって、今、ここで情報解禁させていただきました」と報告した。

    脚本、シリーズ構成の進行状況については「現在、半分くらいまで脚本になっている段階でして、自分としては、とても面白く書けているんじゃないかなと思っています」と説明。その上で
    「本当言うと、実は元々、4、5年近く前に1度2期の話し合いが始まっていて、会議は進めていたんですね。その時に全25話の構想が1度、作ったんですけど、でも諸事情でいったんストップと
    いうことになって、今、再度、動きだして、ここまで来ているんですけど」と1度、続編の企画は動いたものの、頓挫していたことを明らかにした。

    そして「その間に時代も変わっていますし、僕自身の感覚も変わっているので、その時に考えた構想とは、まるで違う物語です。0から考え直しました」と、1度考えた全25話の構成を白紙にして
    作り直したことを明かした。その上で「でもね、今のこの形の方が面白いなと思っていますし、多くの方の期待を裏切らない物語になっているんじゃないかなと思っています」と自信を見せた。

    「TIGER&BUNNY」は、企業に雇われた特殊能力者“NEXT”が、スポンサーロゴを背負って悪と戦い、大都市シュテルンビルトの平和を守る物語で、鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックスJr.の
    コンビが活躍するバディ・ヒーローもの。NEXTたちの背負う苦悩や、人間の感情を深く描く設定が受けて、イベントに数万人単位でファンが集まるなど、アニメの枠を超えた社会現象的な人気を集めた。

    西田氏は「自分自身が早く、このストーリーが形になればと思っていますし、スタッフサイドと言うよりも、1シュテルンビルト市民としての立場で、この作品を見ることが出来る日を楽しみにしています」と期待した。

    また現在

    <1>絵本

    <2>週刊連載の漫画原作

    <3>原作&脚本&監督を務める1クールのアニメ作品

    <4>自身の3作目となる実写映画監督作

    <5>教育番組の企画

    が進行していることも明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-03300345-nksports-ent


    (出典 youtubelib.com)


    【西田征史氏「タイバニ」続編の脚本担当と明かす】の続きを読む


    翔んで埼玉」などで知られる魔夜峰央氏の人気漫画を実写化した「劇場版パタリロ!」の予告編が公開された。舞台版に続きパタリロを演じる加藤諒が、強烈な存在感を放ちながら歌って踊る姿などを収めている。

    常春の国マリネラ王国の皇太子パタリロ・ド・マリネール8世(加藤)が、側近のタマネギ部隊を引き連れて大英帝国にやってくる。パタリロの前に現れたのは、ボディガードを任命されたバンコラン(青木玄徳)と、謎の美少年記者マライヒ(佐奈宏紀)だった。

    舞台のアナログ感と映像化ならではアクション、「STAND BY ME ドラえもん」などを手がけた白組によるVFXが融合し、新たな「パタリロ!」の世界が展開。監督は舞台版の演出も手がけた小林顕作が務める。加藤に加え、青木、佐奈ら舞台版のキャストが集結したほか、須賀健太、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうか鈴木砂羽西岡徳馬、哀川翔らが共演する。

    予告編では、舞台でも披露された数々の楽曲の一端が収められているほか、巨大化するパタリロなど、迫力のVFXシーンが公開された。「翔んで埼玉」にも出演していた加藤による「まさかお前たち、埼玉県民だな」というセリフもあり、本編への期待高まるハイテンションな仕上がりになっている。

    劇場版パタリロ!」は6月28日から全国公開。

    (C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【衝撃の“巨大化”シーンも 実写版「パタリロ!」ド派手な予告公開】の続きを読む


    少しずつ春の足音を感じる今日この頃。気づけばもうすぐ4月! ということは、2019年冬アニメがもうすぐ終わる。冬アニメと言えば、良くも悪くも放送前から注目を集めた作品があった。そう、『けものフレンズ2』である

    1期で「社会現象」と呼ばれたこのアニメも残り1話。2019年4月1日の深夜2時20分から放送の12話を残すのみだ。そんな最終回直前にして、Amazonレビューがヤバイことになっているのでお伝えしたい

    ・2017年の社会現象アニメ

    大ヒットからの監督降板騒動で、2017年良くも悪くも最も世間を賑わせたアニメけものフレンズ』。2期放送前から異例の目にさらされることとなったが、普通に楽しみにしていた人も「内容次第」と待っていた人も多いだろう。

    だが、5話までが公開された時点で、そんな本作のAmazonレビューは低評価の嵐に。以前の記事でお伝えした通り、星1つや星2つの低評価が78パーセントを占め、平均の星は2つという危機的状況へと追い込まれた。

    とは言え、5話と言えばまだ半分も進んでいない。7話も残っていればどうなるか分からないのがアニメだ。実際1期も後半にグイグイ来たし、ここからの巻き返しは十分にありえる。そこで残り1話となった現在、再びAmazonレビューを見てみたところ……

    低評価85パーセント

    増えてた……。ちなみに、星1つをつけたユーザーが75パーセントで星2つが10パーセント2019年3月29日現在)。平均1.6という今期アニメ最低のスコアをたたき出してしまっていた。最新11話放送後のコメントには以下のようなものが見受けられる。

    ・Amazonレビューコメント

    「平成最悪のアニメ──作画が崩れる、位置関係が不自然に変わる、脚本が途切れ途切れで繋がっていない、前作で好評なものを否定することだけは徹底している、教養的な部分も総じて浅い、動物虐待と語るに尽くせない酷い作品
    あらゆる創作への冒涜と言っても過言では無い」

    「☆1つでも多いくらい──「けものフレンズ」という作品の続編としての問題より、創作物としての最低限のレベルにすら達していないように思います」

    「もっとどうにか出来たはず──もっとどうにか出来たはず。単純に面白くないだけなら許せたが、手抜き感が出ている部分などを見るととても残念な気持ちになります」

    ──などなど、現在進行形でヤバイことになっている2017年を代表する話題作だけに、落ち方も半端じゃない『けものフレンズ2』。繰り返すが、12話の放送は4月1日の深夜2時20分から。はたして、どんなラストとなるのか注目である。

    参照元:Amazon Prime Video『けものフレンズ2』
    執筆:中澤星児

    画像をもっと見る

    【地獄】最終回直前『けものフレンズ2』のAmazonレビューがヤバイ / 低評価85%「平成最悪のアニメ」の声も……あと1話で覆せるか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【地獄】最終回直前『けものフレンズ2』のAmazonレビューがヤバイ / 低評価85%「平成最悪のアニメ」の声も……あと1話で覆せるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ