アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

    ヲタク


    年齢を重ねたオタクに訪れる老いを説明した漫画がTwitterに投稿され、共感の声が多数寄せられている。


    漫画は、ともに社会人オタク女子である森山マミと先輩・間宮マキのやり取りを描いたもの。マキによると、オタクはある程度年齢を重ねると、新しいものに対する吸収力が下がり、過去の貯金でオタ活動をするようになるという。具体的には、「新しい本やゲームを買ったのに呼んだりプレイせずに積んでしまう」「プレイし始めてても序盤はワクワクしながら進めるものの、なぜかクリアまでプレイを続けられない」「『あとで観る』アニメが録画のHDDを圧迫」といったことがあるとのこと。


    マミにも心当たりがあるようでギクリとしていると、マキは「これがオタクの『老い』」だといつか確信に変わると説明。また、こうして新しい情報を吸収できなくなったオタクの救いが「アニメゲームリメイク」かもしれないと語った。


    オタクの老化を綴ったこの漫画へは、「思いあたるふしが…」「分かりすぎて辛くなる…」といった共感の声が殺到。「ああ、ここ最近の俺だ…そうか、老いなのか…」という気付きや、「そして50も半ばに入ると、老眼と体力気力の減衰で、リメイクも、や、過去作のデジタルリマスターですら積むようになる」とのコメントも寄せられ大きな反響となっている。なお、作者の漫画家・町田粥さんは、リメイクが最高だと伝えたいわけではないとしている。


    漫画は、社会人オタク女子の密やかに熱い日常を描いた「マキとマミ 〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜」の中の1ページ。このほかにも、SNS非公式と公式、物販などオタクにまつわるあるあるが多数描かれている。現在、pixivコミックで連載中で、単行本は2巻まで発売されている。


    画像提供:町田粥(@machi_kayu)さん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【本やゲームを買っても積むだけ、あとで観るアニメがHDD圧迫… “オタクの老い”を説く漫画に「分かりすぎて辛い」】の続きを読む


     世界に冠たるポップカルチャー「コスプレ」。普段の自分とは違う自分に変身できるのが魅力だ。また、レイヤーと一言で言っても悩みはさまざま。今回は、保育士の先生をしながらレイヤー活動をする松岡奈々さん(@chonachonawill2)を取材。コスプレの世界に飛び込んだ理由を聞いた。

    【写真】マシュマロボディを惜しげもなく…塾講師、チーママ、ギャルたちのコスプレを大公開!

    コスプレの世界は頑張れば評価される世界だった

    ――コスプレをはじめたキッカケは何でしたか?

    【松岡奈々】家で引き篭もっていてアニメにのめり込んじゃったのがキッカケです。友達がいなさすぎて、コスプレをしたら沢山友達ができると思っていたのですがそうでもなかったです(笑)

    ――ちなみにその作品は?

    【松岡奈々】『ケロロ軍曹』や『絶対可憐チルドレン』です。宇宙人だったり超能力等の自分には無い力や仲間が居るキャラクター達が大好きでした。

    ――そこからどうやってコスプレに流れたんですか。

    【松岡奈々】小さい頃友達が少なかったので、私にとってはアニメが数少ない友達でした。そこからオタク趣味が加速していって、コスプレとか、アニメの子になりきれば誰かが仲間になってくれるんじゃないか、話しかけてくれるんじゃないか、あわよくば友達にもなってくれるんじゃないか、という希望を胸にコスプレを始めました。

    ――実際に初めてやったコスプレって何だったんですか。

    【松岡奈々】ケロロ軍曹擬人化です。小学校6年生のときに擬人化して、そのときは町内会のハロウィンパーティーみたいなのに行ったのが始まりで、でもそこでは気持ち悪がられて終わりました(笑)。田舎の町内会のハロウィンパーティーにはハードルが高かったようです(苦笑)。

    ――緑のタイツを着たり?

    【松岡奈々】当時『ケロロランド』っていう雑誌があって、そこにケロロの帽子とかそういったパーツみたいなのが付いてて、それを全部つけてちょっと化粧してケロロ軍曹モチーフの服を着て張り切って行ったところ、かなり気持ち悪がられてそこで1回断念しました。中学校2年生のときにSNSとかで「コミケ」というものを初めて知ったんです。じゃあ、私もそこでだったら気持ち悪がられないかなと思って行ってみたんです。ちなみに初コミケでのコスプレバニーガールでした。

    ――コミケに行ったら、案の定楽しいなと。

    【松岡奈々】はい。コスプレの世界は頑張れば評価される世界だったんです。それは、フォロワーの数であったり、イベントの反響だったり。公式コスプレイヤーに呼んでもらえたり、とにかく頑張れば見てもらえる、頑張りが見える世界だったんですね。それは今まで経験したことがない平等の世界でしたね。

    ――そこからさらにオタク趣味が加速?

    【松岡奈々】コスプレがもっと好きになって知らぬ間にお金や時間も掛けるようになりました(笑)

    地下アイドル化するレイヤーの金銭感覚が狂ってきている

    ――仕事は保育士なんですよね。

    【松岡奈々】24時間体制の保育園です。夜勤と日勤を交互にやってます。夜に働く方達の味方です!

    ――保育士の仕事って大変そうですが。

    【松岡奈々】大変ではあるんですけど、もう20歳になったんで、ちゃんと仕事は続けていくつもりです。最近はコスプレイヤー地下アイドル化していて、金銭感覚が狂ってきている人も多いんですよね。それで行き詰まってるレイヤーすごい見ていて。だから、困らないために自分は保育園の先生を続けたいと思っています。

    ――最近はコスプレイヤーになるハードルも下がっていて、レイヤーブームみたいになっていますよね。松岡さんはブッとびキャライメージがありましたが、しっかりしていますね。
    【松岡奈々】意外と真面目ですよ(笑)

    ――最後にコスプレイヤーとしての今後の目標は?

    【松岡奈々】これまで目標は全部叶えてきたんです。保育士にもなったし、レースクイーンコスプレイヤーもなれました。あと雑誌やテレビにも出て、NHKラジオにも呼んでもらえました。あとはコスプレイヤーという社会的認知を得るだけです!

    ――欲しいものはほとんど手にいれてきたんですね。

    【松岡奈々】だから夢は石油王と結婚することですね(笑)。というのは冗談で、これからはヲタクを社会に認められた職業にするために頑張ろうと思います!

    ぶっ飛びコスプレイヤー・松岡奈々さん(@chonachonawill2)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ぼっちの私にアニメは希望だった」ヲタクを社会に認められる職業にしたい】の続きを読む



    彼女とデートして、彼氏の財布がマジックテープ式の財布で「バリバリ」やられたら別れるなんていう冗談のようなコピペをよく目にするわけですが、この手のネットスラング的なコピペは実際にもよく使われるようで、特にオタク界隈ではもはや「お約束」のようにこの会話をぶっ込まなければついてけません。そんな話が話題です。

    なんでオタクって定型句で会話するの

    はてな匿名ダイアリーに投稿されている疑問が話題となっております。「なんでオタクって定型句で会話するの」ということです。

    引用:https://anond.hatelabo.jp/20190531130225

    確かに、オフ会など実際にリアルで会う輩はしきりにネットスラングのような言葉を多用するわけですが、たとえば、飲み会の席でチャーハンが出てこれば「チャーハン作るお」とか、浮いてる自分がいると「ネットの俺」「現実世界の俺」←今 的な自虐はよく見受けられます。

    そんなのねーよ。という方はご安心ください。オタクではなく普通なのかもしれません。

    かしこの何故自体がそもそも「愚問」なのかもしれません。何故ならば、この手の「定型句」は別にオタク界隈に限らず、どんな世界にもあるから珍しいことではないというのが一般論のようです。




    ということで、なにはともあれこの定型句を使うことは一種のノリのようなものなので、その場の空気に合わせて使ってやることが、流儀なのかもしれませんね。

    事例紹介

    ではこれからしょうがないから使ってやるよ、という方に一例を紹介します

    面白かったら → 草生える
    すごく面白かったら → 大草原・草回避不可
    つまらなかったら → 草も生えない
    中学生レベル理解できない事を言う → 中二病
    経験ないやつに言うセリフ → 知らないやつは寿司のネタでも書いとけ
    ありがち的な展開で → で、出た〜◯◯奴〜www
    ゆるキャラを見て → 中の人
    財布を取り出し → バリバリバリ(マジックテープの音)
    疑問系 → ◯◯なのでは!?
    話のネタを出す際に → 〜の件について
    チャンス的な際に → これワンチャン◯◯なのでは
    相手をディスりつつ肯定する歳 → 控えめに言って◯◯

    精神的に崩壊している際に・・・


    おわかりいただけただろうか
    これらを使いこなせぬものには、控えめに言って陰キャ確定。どうぞご査収下さい。



    画像が見られない場合はこちら
    ぬるぽ「なんでオタクって定型句で会話するの」という議論が話題に!ガッ!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ぬるぽ「なんでオタクって定型句で会話するの」という議論が話題に!ガッ!】の続きを読む


     ヲタクな友人の結婚式で披露されたウェディンケーキが「ゼルダの伝説」だったと話題になっています。すでにケーキ入刀されてるだと……?

    【画像】かっこいいチョコプレート

     ゆうさんが友人の結婚式で目撃したのは、「ゼルダの伝説」のマスターソードが突き立てられた台座型のケーキ。側面には「ゼルダの伝説」のロゴとともに、結婚式当日の日付(3月2日)が描かれたチョコプレートが付いており、いろんな意味で荘厳な雰囲気が漂うウェディンケーキとなっています。なにこれかっこいい!

     このユニークな式をあげたのは、芹沢たすくさんと一般女性の「キンプリSSS公開中!第一章は3月22日まで!!」さん(編注:こう書いてと言われたので……)の2人。新郎のたすくさんにお話をうかがうと、今回のケーキはたすくさんのアイデアで、新郎新婦とも「ゼルダの伝説シリーズが好きだったことから、主人公リンクが手にするマスターソードとその台座をモチーフにしたのだとか。そのため提案したときも「いいね!」とノリノリだったそうです。

     ケーキでこだわったのは「剣がしっかり刺さること」と「(台座の)石の色」。打ち合わせの際にパティシエの方から「灰色の石は再現が難しい」と言われたそうですが、当日の披露宴にて初めて見た実物は「想像以上の完成度でうれしかった」とたすくさん。「かなり頑張ってくださった」と感謝を伝えています。

     他にも当日の様子が参列者からツイートされていて、マスターソード“抜刀”からのマスターソードでのケーキ入刀や、お色直し後の2人をサイリウムペンライトを振って楽しげに迎える様子など、ヲタク結婚式ならではのワクワクに包まれた式なのが分かります。なお、「ゼルダの伝説」のほかにプリキュアシリーズも2人の共通の趣味で、会場では同作品のグッズが飾ってあったり、プロフィール紹介のスライドでは「プリキュアを観始める」から「そして結婚へ…」まで映像にプリキュアキャラクターが映っていたりも。

     また当日は式場のスタッフが司会をするのではなく、新郎のたすくさんがほとんど喋って進行するなど、目立つ部分以外でも2人のこだわりが詰まった式だったようです。

     Twitterではお祝いのコメントとともに「ゼルダ好きにはたまらない」「最高」などの声が寄せられ話題になり、「これから2人で壮大な冒険に出かけるのですね…!」と作品になぞらえたコメントも。たすくさんもその反応に「思いのほか祝福ムードのあるコメントがついていてうれしかった」と話しています。

    通常のウェディングケーキとはまた別の神々しさ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヲタクの友人の結婚式が「ゼルダの伝説」だった―― 衝撃のウェディングケーキが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ