アニメまとめ情報サイト。アニメまとめの注目情報

あなたが探しているアニメまとめの新しい情報を詳細に紹介しているサイトです。
さらにはあなたに是非知ってほしいアニメまとめに伴う情報も満載です。
今すぐお越しください

    アニメ監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★

    ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
    『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ (1/7)
    2020年08月24日 08時00分 公開
    [数土直志,ITmedia]

     「10年一昔」。アニメ監督の今 敏(こん・さとし)が、1999年に自身のエッセイの中で語った言葉だ。10年間を一区切りとして、そこで大きな変化があるという。その今 敏が、2010年8月24日に、多くの人に惜しまれ46歳で逝去してから10年目を迎える。

     優れた作品や才能ですら時がたつと共に、存在の記憶は薄くなりがちだ。しかし今 敏に限っては、その評価は衰えるどころかますます勢いを増している。



    千年女優、東京ゴッドファザーズ、パプリカ……

     国内外の歴代名作映画のランキングにたびたび作品が挙がるのもその1つ。08年の米国ニューズウィーク誌日本版が選んだ歴代映画ベスト100には『パプリカ』(2006)が、日本アニメから唯一選ばれた。2014年の英国の名門映画雑誌「トータルフィルム」による歴代アニメーション映画ベスト75に、『パーフェクト ブルー』(1997)、『千年女優』(2002)、『東京ゴッドファザーズ』(2003)と3つも今 敏作品をラインアップした。

     今年になっても米国批評サイト「ロッテン・トマト」のアニメーション映画ベスト60に『千年女優』が、英国映画協会による最も優れた日本映画の06年作品に『パプリカ』が入るなど、こうした選出は数え切れない。

     メディアだけでない。カナダのファンタジア国際映画祭は12年より今 敏の業績をたたえて長編アニメーション賞を”今敏賞”と命名。今年1月には国際アニメーション協会ハリウッド支部が毎年開催するアニー賞にて特別功労賞にあたるウィンザー・マッケイ賞を今 敏に与えた。

     国内のメディア記事、評論・学術研究も増えている。先頃発刊された雑誌「ユリイカ」2020年8月号(青土社)では「今 敏の世界」特集が組まれ、多くの論者が今 敏について語ったのに驚かされた。

     4本の長編映画は、リバイバル上映でおなじみだ。いまでも多くのファンを劇場に集める力を持つのだ。

     それでも今 敏の評価は海外で高く、日本には逆輸入されている印象が強い。作品の地上波テレビ放送もないし、特集番組が作られた記憶もない。16年のGLAS国際アニメーション映画祭、今年の上海国際映画祭では今 敏の回顧特集が組まれたが、日本の映画祭はどうだろうか。筆者が出会うアメリカ、ヨーロッパ、中国……海外のアニメーション関係者の多くが尊敬する監督として今 敏の名前を挙げる。

     存命なら日本を代表する映画監督だろうが、没後でさえ影響は大きくなり続けている。没後10年を期に、この今 敏の評価がいかに海外に広がったのかをあらためて振り返りたい。

     今 敏の監督デビュー作は、1997年の長編『パーフェクトブルー』である。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2008/21/news033.html


    (出典 animeanime.jp)



    【【アニメ監督】『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★

    たつき監督のアニメ「へんたつ・TV版」のBDが発売された。

    irodoriの自主制作アニメ「へんたつ」のテレビ放送版。特典として、オーディオコメンタリーを収録。オープニングテーマを収録した特典CDが同梱される。

    ・YouTube「へんたつTV版・第1話」

    (出典 Youtube)


    http://www.new-akiba.com/news/186125


    (出典 hentatsu.com)


    【【デデッ!】たつき監督のアニメ「へんたつ・TV版」BD発売。特典CD同梱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     アニメけものフレンズ1期」や「ケムリクサ」のたつき監督6月3日ツイッターを更新し、「先日お話していた脅迫等の容疑者が逮捕されたとのことです。ご心配おかけしました」とファンへ向けて報告した。たつき監督は5月に、自身が殺害予告を受けていることを明かしていた。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     たつき監督はこの投稿の前に、ニュースサイトに掲載された「容疑者逮捕」に関する記事をリツイートで紹介している。記事では、たつき監督に対し殺害予告などをしていた京都府20代男性の逮捕を報じている。


     たつき監督は遡ること5月6日の投稿で、殺害予告を受けていること、被害届を提出し捜査してもらっていることを報告していた。そのときは「詳細は後日」としつつ「犯人は僕以外にも複数に対し脅迫しており」と、被害が自分以外にも及んでいることにも触れ、続く内容では一部まとめサイトに対する抗議の声も投稿。


     あわせて「即時削除と訂正謝罪掲載を求めます。また先の警察での被害届提出の際これらまとめサイトの悪質さについての話も出ており、内容により今回の犯人・犯罪と関連付けて捜査も可能とのことです。各種サイトが改善されないようであれば追って報告し打診します」ともつづり、殺害予告をしてきた犯人と同時に、まとめサイトに対してもかなり強い姿勢で対応することを明かしていた。


     まとめサイトは、ニュースサイトの記事やネットの話題を簡潔にまとめて紹介することを主としたサイト。収益手段は広告からがほとんどで、広告収益はサイトの閲覧数が大いに影響する。

     このため、一部のまとめサイトではPV数を増やすために記事内容が過激化している。恣意的に「誤読誘導」する記事や、「対立を煽る」記事、「無関係な人を巻き込み臆測を交えた」記事など。特に著名人が関わる話題についてはPV数(閲覧数)が伸びる傾向にあるため、さらに過激化しやすい特徴を持っている。

    <参考・引用>
    たつき監督Twitterアカウント(@irodori7)
    ※画像はたつき監督Twitterアカウントスクリーンショットです。

    けもフレ1期のたつき監督「脅迫等の容疑者が逮捕された」と報告


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 otakei.otakuma.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    【けもフレ1期のたつき監督「脅迫等の容疑者が逮捕された」と報告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新海誠

    君の名は』などを手がけたアニメーション監督の新海誠氏が27日、ツイッターを更新。

    2019年に公開された最新作『天気の子』で、作画ミスがあったことを1年越しに明かし、ネット上で話題を読んでいる。

    ■『天気の子』プロジェクト


    この日発売となった同作のブルーレイDVD

    新海監督は、これまでの経緯を振り返り、「3年前にスタートしたこのプロジェクトも今日でついにゴール、お終いなんだなと思うと寂しくもあり…。今までお付き合いいただいたすべての皆さまに感謝です」とコメントを発信し、感謝とともに充実感をあらわにした。

    関連記事:天気予報で耳にする「大気の状態が不安定」の意味 警視庁が注意喚起

    ■「血の気が引きました」


    また、ソフト化するのに当たって劇場版に追加修正を加えたことを明かし、修正前、修正後を比較できる画像を添付。

    「一番わかりやすいのはここかも。上が劇場公開版、下がパッケージ版です。スクリーンで雲のレイヤーを表示し忘れたのに気づいた時には血の気が引きました笑」と、ミスのあったシーンを堂々と紹介する新海監督。

    劇場版は雲が描かれておらず眼下の街並みが強調されており、修正後にはさらに上空を意識させるため雄大な雲が描かれていた。ここは後半最大のクライマックスで、かなり重要な意味を持つワンシーンだったが「でもまあ、今となっては劇場版は貴重な状態だったかも。ははは」と、ポジティブに捉えており豪胆ぶりを見せている。

    ■ファンは感激

    ネット上では、「ここまで緻密に描いたから見逃したんでしょうね、すげぇ……」「雲でほぼ隠れるのをしって街を描いているとは凄い」「雲のレイヤーで隠すのにそこまで地上書かせたのか…」と、もはやご褒美レベルのミスを知り驚嘆するファンが続出。

    一方で、「どちらも素敵です」「結果どっちも神作」「なんだ、どっちも最高じゃねーか」と見比べた結果、作品のクオリティを再認識したファンも多く声を上げている。

    ・合わせて読みたい→「NGT48暴行事件」渦中の責任者がひっそり退任 ネットでは辛辣な声も

    (文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

    新海誠監督、血の気引くレベルの「作画ミス」告白 ファンからは意外な反響


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【新海誠監督、血の気引くレベルの「作画ミス」告白 ファンからは意外な反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「けものフレンズ(1期)」や「へんたつ」などの作品で知られるたつき監督5月6日、自身への殺害予告を受けて警察に被害届を出したことをTwitter明らかにしました。併せて、一部のまとめサイトに対し「あまりに悪質」「僕やお客さんの名を加害者側と誤読させアクセス稼ぎに利用している」として、記事の即刻削除と訂正・謝罪を求め抗議しました。

    【「何があっても監督の味方」――たつき監督への応援の声】

     たつき監督は6日、「嫌なツイートですが」と前置きしつつ、「先月○害予告を受け被害届を提出・捜査していただいてます」と、自身への殺害予告があったことについてTwitterで報告。さらに続くツイートで、「かねてから大手まとめサイトは真摯な人間や真剣なお客さんを外野から茶化し、怒りや対立を煽り、業界に泥をかけながら反社会的な金稼ぎを増大させている印象ですが、最近これら扇動の実害が笑いごとでなくなりつつあります」と、一部のまとめサイトについて、かなり強い言葉で批判しました。

     具体的な記事やサイト名は挙げませんでしたが、ネット上では先月(4月)20日ごろから、たつき監督や「けものフレンズ2」関係者に対する殺害・放火予告が相次いで投稿されており、一部のサイトはこれを「たつき監督信者によるもの」と断定するような形で記事化。たつき監督ツイート後、まとめサイトの1つ「やらおん!」は「【速報】声優・石川由依さん、警察に被害届を提出!! 犯行予告をした たつき信者けもフレ2アンチ)さんガチで終わる!」など2つの記事を削除するとともに、「たつき監督様申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

     たつき監督ツイートの中で、こうしたまとめサイトについて「先の警察での被害届提出の際これらまとめサイトの悪質さについての話も出ており、内容により今回の犯人・犯罪と関連付けて捜査も可能とのことです」「各種サイトが改善されないようであれば追って報告し打診します」とも報告。また視聴者に対しても「皆様、観賞のこれからの為に下劣なデマや悪意を育てぬ様ご協力お願いします」と呼びかけています。

    やらおん!が掲載していた記事(Web魚拓)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「けもフレ」たつき監督、自身への脅迫行為について報告 まとめサイトに「業界に泥をかけながら反社会的な金稼ぎを増大させている」と強く抗議も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     人気アニメけものフレンズ』『ケムリクサ』で知られるたつき監督テレビアニメへんたつ』が21日、最終回を迎えた。本編ラストに突如、「新作制作開始」と発表され、たつき監督の新作アニメが制作されることがわかった。テレビアニメなのか劇場アニメなのか、タイトルストーリーなども現段階で明かされていない。

    【動画】新作制作を発表したTVアニメ『へんたつ』のラスト動画

     たつき監督は『へんたつ』放送後に自身のツイッターを更新し「ということで新作作ってます。また忘れたころに芽が出ると思いますので見かけた際はよろしくお願いしますー」と報告した。

     テレビアニメへんたつ』も事前告知なしで突然、放送された作品で、今回も突然の新作制作発表にネット上では「これは熱い!新作楽しみにしてます!」「わーいたつき監督の新作だー」「いきなりすぎて、驚いています」と喜びの声。

     また、本編のラストでは「新作制作開始」のほかに「???????」と「?」7文字も登場しており、「新作制作開始の箱に書いてあった?は7文字 つまり新作アニメタイトルは7文字?」「これはタイトルだろうな~。まったくわからないけどw」などとタイトルを考察している。

    たつき監督、テレビアニメ『へんたつ』のラストで新作制作を発表 (C)irodori


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【たつき監督、新作アニメ制作を報告「忘れたころに芽が出ると思います」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★

    2020.02.21
    『機動戦士ガンダム』で1980年代に一大ブームを巻き起こした安彦良和さんだが、自作の不振と世界史の激変を受けて89年、きっぱりとアニメ界を去ることになる。「歴史は動く。でも人間は変わらない」。挫折のなかで新たに得た認識を手がかりに、歴史漫画の道に進んだ。






    「日本はどこで間違ったのか」 歴史に挑む

    専業漫画家になって安彦さんが取り組んだのは、古事記に登場する神々や神話上の人物を生き生きと描いた『ナムジ 大國主』『神武』や、日清戦争や日露戦争に材を取った『王道の狗』『天の血脈』など、日本の古代史と近代史に焦点を当てた作品群だ。

    いずれも、東アジアの融和を目指す者と覇道を唱える者の対立構図が仕組まれ、理想主義の挫折も主題になっている。アムロ・レイのように弱さや矛盾をはらんだ人間臭いキャラクターたちが交錯する歴史群像劇としての物語は、ガンダム同様、勧善懲悪とは程遠い。ノモンハン事件までの昭和裏面史に迫った『虹色のトロツキー』では、満州を舞台に、戦後タブーになったとも言える「アジア主義」に切り込んだ。

    安彦 僕にとっては、学生運動の挫折の、ひとつの「総括」ですよね。まあ新左翼崩れですから、世界は基本的には進歩し続けるし、人間は賢くなるという理想をやっぱり信じていた部分があったんです。でもその甘さを突き付けられた。

    父親の世代があれだけの戦争を経験していながら、なぜ自分たちの歴史感覚はこんなに鈍感なのだろう。だったら、歴史を問い直さなければならない。そう考えたんです。

    敗戦の反動で皇国史観は否定され、天皇制や国家神道に結びついた古代神話の時代にはフタがされてしまいました。膨張主義や侵略の片棒を担いだとされたアジア主義や五族協和の思想も葬られた。あれほどの人を不幸に巻き込んだ「国体」というものの正体も分からないまま。でも、日本がどこで間違ったのかを知るためには、封印してきたものにも正面から向き合うべきだと思いました。戦後に勧善懲悪のかたちで教え込まれた歴史を再構築する必要があるだろう、と。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.asahi.com/and_M/20200221/9897392/


    (出典 i.pinimg.com)


    【新着情報 【インタビュー】「僕はニュータイプを決して支持しない」 ガンダムは歴史そのもの、続編に興味はない 安彦良和のTHE ORIGIN(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 骨 ★

    https://natalie.mu/comic/news/367625
    2020年2月17日 21:35

    富野由悠季が、2月23日13時からTOKYO FMほかにてオンエアされるラジオ番組「ENEOS presents
     DREAMS COME TRUE 中村正人のENERGY for ALL」にゲスト出演する。
    2月21日より2週間限定で劇場上映される劇場版『Gのレコンギスタ II』「ベルリ 撃進」の総監督を務める富野。
    同作のテーマソングとして、DREAMS COME TRUEが書き下ろした新曲「G」にまつわるトークを、
    番組パーソナリティの中村正人とともに展開する。
    また、富野が虫プロダクションに在籍していた頃の話や、富野の子供時代のエピソードも語られる予定だ。


    (出典 ogre.natalie.mu)

    画像


    【【富野由悠季】ドリカム中村のラジオに出演、虫プロ時代や「Gレコ」テーマソング語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     人気アニメけものフレンズ』『ケムリクサ』で知られるたつき監督の作品『へんたつ』がテレビアニメ化され、4日午後11時57分からTOKYO MXなどで放送がスタートした。放送時間は約1分30秒。TOKYO MXでは前番組『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』(以下、FGO放送終了後に突然放送され、ネット上では「これは驚きですぞ!!」「まさか、すぎて意味がよくわからないです」「いきなりすぎて言葉がでない」などと驚きの声があがっている。

    【動画】突然放送されたアニメ「へんたつ」

     アニメFGO』が終了すると突然、たつき監督らしいアニメーションが流れたが、番組表には名前はなく、『FGO』と次放送の『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の間に番組タイトルは存在していなかった。

     このアニメ放送と同時にたつき監督が「!?」と自身のツイッターを更新。これにファンは「何が起こった?」「!?」と反応していたが、『へんたつ』が放送されたことを知り「たつき監督アニメが放送されたんだ!」「2分くらいのアニメだったみたいだから見逃しちゃった」とコメント

     続けてたつき監督は「深夜アニメファン(なんやこれは…)irodoriのお客さん(なんやこれは…)irodori(なんやっけこれ…)」とツイートした後、「ということでまさかのTVアニメ化です!よろしくお願いします~ #へんたつ」と自身の作品がテレビアニメ化されたことを報告し、動画とビジュアルを公開した。

     『へんたつ』は、たつき監督が参加している制作集団irodori自主制作アニメたつき監督ツイッターで、2018年1月12日静止画が公開された後、趣味のアニメとして短編アニメ静止画を投稿。ストーリーの詳細は不明だが、放送されたアニメでは鬼の角を生やした女の子と猫耳を付けた女の子が登場し、謎の敵とのバトルシーンやお茶を楽しむ様子が描かれていた。

     TOKYO MX群馬テレビとちぎテレビBS11にて毎週土曜日午後11時57分から放送。スタッフたつき監督のほか、作画を伊佐佳久氏、美術を白水優子氏、キャストは鬼役を高杉薫、猫役を門脇舞以が担当する。

    たつき監督作品『へんたつ』TVアニメ化


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)





    <このニュースへのネットの反応>

    【【新着情報】たつき監督作品『へんたつ』TVアニメ化 突然放送で驚きの声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アニメーション監督のヤマカンこと山本寛氏が、オリジナル新作アニメーションプロジェクト魔法少女たち(仮)」を発表し、パイロットフィルムを作るための資金募集を開始した。


    かつて京都アニメーションに在籍していた山本氏は、放火事件を受けて湧き上がる怒りで打ち震えたという。そして、「もうこれ以上アニメを蹂躙されたくない。アニメをここまで弄ぶ、邪悪な『狂気』の蔓延を赦す訳にはいかない。僕は失った仲間から、そんな想いを託されたような気がしました」と述懐。山本氏は、新作アニメーション制作を「これは弔い合戦です」と位置づけ、「僕はアニメを変えます。これ以上、ひとりの犠牲者も出さない」「本当にアニメを愛する人々のために、アニメを提供する」との決意を表明した。


    新作アニメーションプロジェクトの名称は「魔法少女たち(仮)」。狂暴なダークファンタジーとのことで、羽が生えた制服の少女が、燃え盛る炎の中で赤い目を輝かせるビジュアルが公開された。「魔法少女たち(仮)」は、劇場公開を目指す予定だが、クラウドファンディングではそれに先駆けたPV制作の支援資金を募集している。

    山本寛オリジナル新作アニメーションプロジェクト「魔法少女たち(仮)」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヤマカンこと山本寛氏、新作アニメプロジェクトを発表 京アニ放火事件受け「これは弔い合戦です」】の続きを読む

    このページのトップヘ